レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

女性の防災グッズリスト~被災者が本当に必要だったもの~

大地震や災害時、一般的な防災グッズのほかにも、女性だからこそ必要な防災グッズ・あったらいいなという備えがあります。

当サイトにお寄せいただいた被災経験者さんたちの体験を踏まえ、自宅避難や避難所で必要な女性ならではの本当に必要な防災グッズをご紹介します。

防災グッズリスト~女性編~

災害時、お風呂に入れなかったり、着替えができなかったり、あなたのおかれる状況はきっと周りのみなさんと同じはず。
しかし、どんなに厳しい状況でも、できるだけの清潔は保ちたいですし、周りから「あの人ちょっと汚いわね」とは思われたくありませんよね。

以下の女性編防災グッズリストは、災害により停電・断水などのライフライン断絶が発生した最悪の状態を想定し、自宅避難の場合・避難所を利用する場合にあると便利なアイテムです。

災害時には災害が発生したことによるストレス、あなたのおかれている状況や環境によるストレスだけでも大変なものです。

周りの目を気にするストレス・自分が清潔でいられないストレスを少しでも解消できるよう、おうちの防災備蓄防災リュックと合わせて備えておくと良い女性のための防災グッズをご紹介しますね。

防災グッズで絶対必要な女性の備え

  • 生理用品(+1ヶ月分)
  • 生理用ショーツ(ナイト用もあると便利)
  • 生理時の鎮痛剤(必要な人)

あとで詳しく解説しますが、生理用品だけはどんなに生理周期がズレない人でも、必ず用意しておいてください。

女性の防災グッズ①清潔を保つために

  • 体を拭くためのボディーシート
  • メイク落としシート
  • 洗顔シート

断水などでお風呂に入れないとき、これらのシートがあるととても便利です。
私の場合、胆振東部地震の停電時にお湯が使えなかったので大活躍しました。

女性の防災グッズ②美を保つために

  • リップクリーム
  • 基礎化粧品(化粧水など)
  • 簡単なメイク道具(眉ペンなど)

自宅だけで過ごすならまだいいのですが、避難所を利用するときには、わたしは特に必要ですね。

避難所はご近所のお知り合いもたくさんいるでしょうから、そんな大勢いる場でスッピンをさらしたくありません。
眉毛がないとお化けになってしまいますから。
いくら厳しい状況だったとしても、眉毛くらいはほしいです。

それに、いつもの自分の姿でいることが前向きに過ごすことへとつながることもありますよ。

女性の防災グッズ③髪の毛のベタベタ防止に

  • 水のいらないシャンプー
  • 髪の毛を束ねるヘアゴム
  • 髪の毛を隠す帽子やバンダナ

女性も男性もそうだと思いますが、断水などで髪の毛が洗えないのは、自分自身でもものすごくストレスを感じますし、周りからの視線が気になります。
たった数日髪の毛が洗えなかっただけでもベタベタしますし、フケや臭いも気になります。

本当に「私を見ないで!」という感じになってしまいますよね。

こんな時に活躍してくれるのが、この3つ。

どうにもならない状況でも、せめてもの気休めで『水のいらないシャンプー』
正直なところ、これではシャンプーするようなスッキリ感は得られませんが、本当に気休め程度でなら効果はあります。

髪の毛が長い人は束ねたりまとめたりすることで少しはストレス軽減しますし、髪の毛の短い人なら帽子などで隠してしまうことでストレスは軽減されますよ。

女性の防災グッズ④歯磨きができないときのために

  • 歯磨きガム
  • マウスウォッシュ
  • 口臭スプレー

断水時には水がなくて歯磨きができない場合もあります。

そんな時には、歯磨きガムや、口に含んでぐちゅぐちゅするだけでお口の中を清潔にしてくれるマウスウォッシュが役立ちます。
口臭スプレーがあると、さらに安心ですね。

女性の防災グッズ⑤着替えができないときのために

  • おりものシート

断水や停電・避難所生活では思うように着替えができないこともあります。
特に、毎日清潔なものを身に付けたい下着ですが、それが叶わないことも。

そんな時は、おりものシートを使うと、汚れを最小限にすることができますよ。

震災体験者の人からは、「紙製の下着を用意するように」とおっしゃる防災士さんもいるけど、実際のところ「おりものシートだけで十分だった」という意見もありました。

女性の防災グッズ⑥しっかり休息をとるために

  • アイマスク
  • 耳栓

避難所では大勢の人がいるため、休みたくてもなかなかゆっくり休めない状況になりがち。
ザワザワした環境で少しでも休息をとるためには、周りを少しシャットアウトできる防災グッズが必要となります。

ただ、余震の発生や防犯の面から考えると、完全に周りの音をシャットアウトしてしまうのは怖いので、耳栓はほんの少し周りの音が聞こえるくらいのものが良いでしょう。

女性の防災グッズ⑦あると便利なアイテム

人目を気にせず着替えるためのグッズ

避難所では人目もあるので着替えるのもひと苦労
足が丸見えになる短いものではなく、全身がすっぽりと隠せる大きなポンチョのようなものがあると便利です。

着替えるときだけでなく、おトイレ使用時の防犯にも役立ちますよ。

トイレの消臭グッズ

断水時に自分用・家族用の簡易トイレがあれば良いのですが、避難所などでは不特定多数の人が同じトイレを利用します。
そこで気になるのが、自分の臭いや他人様の臭いです。

家では消臭スプレーが使えますが、避難所などではなかなか…。
臭いが気になる人は、1滴で消臭できる携帯用の消臭剤があると便利ですよ。

貴重品用ウエストポーチ

あまり考えたくはないですが、災害時にはよからぬことを考える人もいるようです。
窓が壊れたりドアが閉まらなくなったり自宅の防犯機能が低下している時や、避難所生活の間、やっぱり貴重品が心配ですよね。

そんな人には、貴重品を肌身離さず持っていられるウエストポーチがあると安心です。

女性の防災グッズのポイント~生理用品は1回分多く備える~

普段から生理用品は多めに買い置きされている人が多いとは思いますが、今月分の生理用品のほかに来月分の生理用品も備えておきましょう

    • わたしは生理不順じゃないから大丈夫だと思うけど…?

そう思う人も多いでしょう。

しかし、数回の大地震と北海道胆振東部地震を経験した筆者は、声を大にして生理用品は1回分多く備えておくことをおすすめします。

なぜなら…

  • 災害後には購入不可能な場合もある
  • 生理が不順になる可能性も

災害後には購入不可能な場合もある

    • 生理用品ならどこでも買えるでしょ?

普段の生活ならドラッグストアでもコンビニでもスーパーでも、どこでも生理用品は買うことができますよね。
でも、胆振東部地震の時は、地震後数日は自由に物を買うことができませんでした。

ドラックストアは長蛇の列で人・人・人…。
数時間の並んでようやく「わたしの番」がきたと思ったら、『お一人様5点まで』の購入制限!

わたしはこの時ペットボトルのお茶を買うためにドラッグストアに行ったのですが、もしこの時、たった5点しか買えないのに生理用品を買っていたら…。
ほかに買わなければいけないものを控えなくてはいけなかったかもしれません。

わたしが並んでいた周りでは、赤ちゃん連れのママさんたちもいました。
その中の一人のママさんは、カセットコンロのガスボンベを買いに来ていたのですが、「赤ちゃんの離乳食がない」、「オムツもおしりふきも残り少ないから買いたい」と。

購入制限の5点は超えてしまうため、どれも必要だけど、どれかをあきらめなければとおっしゃっていました。

一方、スーパーの様子はというと、こちらも購入制限で、しかも、買うことのできるものはお店の入口に配置された『パン』や『水』、『カセットコンロのガスボンベ』などの限られたものだけ。
生ものや日用品は売られていませんでした。

ではドラッグストア以外で生理用品が売られていた場所は…、そう、コンビニです。
ただ、こちらも、ドラッグストアで購入できなかった人々が押し寄せ、あっという間に完売してしまったようです。
(災害時、コンビニでは食品だけではなく、日用品までもがあっという間に売れてしまいますので、覚えておいてくださいね!)

そんなわけで、災害発生後に生理用品を買うことが不可能な場合もあるので、1回分は多く備えておいた方が良いと思います。

生理が不順になる可能性も

    • どうして災害で生理不順になるの?

これも胆振東部地震の時のことなのですが、わたしの周りではわたし自身も含め、生理不順じゃないのにいつもより相当早く生理がきてしまった人が多くいました。

ストレスからなのかわかりませんが、大人も子どももです。
こんな予期せぬこともありますので、やっぱり1回分多く生理用品は備えていた方が安心だと思います。

また、お洗濯できないことも考え、生理用ショーツは漏れても安心な『ナイト用』
災害で厳しい状況の中、生理痛でさらに辛い思いをしないように、必要な人はお薬を準備しておくと良いですよ。

まとめ

今回は『女性だからこそ必要な防災グッズ・あったらいいなという備え』をご紹介してきました。

災害時には災害自体によるストレスだけではなく、電気が使えない・水が出ないなど、普段通りの生活ができないストレスもたくさんあります。
でも、どんな状況下においても『最低限の清潔と美を保ちたい』というのが女性の心理ですよね。

「こんな大変なことが起きているのになりふりかまっていられない」という心境もわかりますが、清潔が奪われ、美が保てないことは、あなた自身の前を向こうとする気持ちを妨げてしまうこともあります。

大地震や災害が起きたとき、どのような状況下で過ごすかにより、必要な防災グッズは変わってきます。
場合によっては、ライフラインが整わない中、避難所からお仕事に向かわなければならないことだってあるかもしれません。

あなたの想定される状況を想像し、ストレスのたまらない生活ができるよう、家族の防災グッズのほかにあなた自身の防災グッズを備えてみてはいかがでしょうか。

防災備蓄の基本

みんなの防災TOPへ戻る

特集記事一覧

運営者情報

北海道住みで大地震経験者の主婦レイラです。2018年の北海道胆振東部地震も経験…続きはコチラ

お問い合わせフォーム

レイラのTwitter

最新情報を発信中!

カテゴリー