レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

防災備蓄はなぜ必要なのか?

いつどこで起きるかわからない大地震のとき、あなたの備えは十分できていますか?大地震を経験した被災地では、電気やガス、水道などのライフラインが寸断され、日常生活に大きな支障が出ました。

しかし、内閣府の調査では「大地震が起こった場合に備えて食料や飲料水、日用品などを準備している」という人は45.7%半数以上の人が災害時の十分な準備ができていないようです。

日頃の備えは必要だとわかっているけど「ちょっと面倒」「自分は備えなくて大丈夫」と、先延ばしにしてしまっている人も多いのかもしれませんね。でも『もしも』の時は突然にやってきます。その時に「備えておけばよかった」と後悔しても、もう手遅れなんです。

今回は『もしも』の時に後悔しないよう、改めて『防災備蓄はなぜ必要なのか』を見ていきましょう。

大地震発生直後、救援物資は来ない!

大地震などの大規模災害の発生直後は人命救助が優先的に行われ、本格的に救援物資が配給され始めるのは3日目(72時間)以降と言われています。さらに、南海トラフ地震の様な広い地域での災害が発生した場合には、道路の損傷や渋滞などの物理的な理由から、その期間がもっと長くなると予測されています。

災害発生後、食料・飲料水・日用品・災害グッズの入手は難しい!

大地震などの大規模災害時は、「家に食料や飲料水の備蓄がないから」と言ってコンビニやスーパーに買い物に行ったとしても、商品を簡単に手に入れることはできません。

コンビニでは地震発生直後から商品を求めるお客さんで殺到。スーパーやドラッグストアでは『お一人様〇点限り』と購入できる品や数量が限定されますし、お店自体を閉めている可能性もあります。

また、停電や通信の影響により、現金のみの取り扱いしかできず、カード決済・スマホ決済では商品を買うことすらできない可能性があるのです。

特に、食料品・飲料水懐中電灯やランタン・乾電池など、『災害時だからこそ必要なもの』は購入希望者で溢れ、入手することはとても難しい状況に陥ります。

避難所だからって食料や飲料水があるとは限らない!

大地震発生後、「避難所なら食料や飲料水が必ず手に入る」とは限りません。地震直後は避難所に物資が届きませんし、自治体によってはそもそもの備蓄量が全く足りていないという場合もあります。

これまでも東日本大震災熊本地震などの大地震発生時は、実際に食料が足りないという状況が発生しています。南海トラフ地震や首都直下地震でも、食料や飲料水は圧倒的に不足するとの予測が出ていて、避難所に頼ることすら難しい現実が発生してしまうのかもしれません。

つまり、救援物資が届き始めるまでの最低でも3日、できれば1週間以上は、食料や飲料水をはじめ、生活に必要なものは自分たちで準備し、国や自治体などからの支援に頼らず生きていく備えが必要なのです。

避難所ではあなたにとって必要なものが入手できないことも!

避難所では「様々な物資の支援が受けられる」「必要なものはなんでも手に入る」とイメージされる人もいるかもしれませんが、避難所にある備蓄の多くは、一般的に人が生き延びるために必要不可欠なものを用意しています。

決して『どんな人にでも優しい備えが十分できている』というわけではないんですね。

これまでの大災害発生時には、赤ちゃん用の粉ミルクなどが手に入りにくかったり、アレルギー糖尿病など、食べ物に気をつけなければならない人たちに配慮した食事の入手ができないという状況が発生しています。

このように一般的ではない、一部の人だけが必要とする物資は、支援物資として届くにはかなり時間がかかるので、自分たちで特に気をつけて、多めに備えておくことが必要です。

まとめ

今回は『もしも』の時に後悔しないよう、『防災備蓄はなぜ必要なのか』を見てきました。

大地震などの大規模災害が発生した場合、一番は人命救助が優先され、物資の支給や配給は後回しとなります。また、南海トラフ地震のように広い地域での被害があった場合には、自治体など支援をしてくれる団体がすぐに機能しない場合もあり得るのです。

もし、あなたや家族の命が助かったとしても、備えがなければご飯を食べることも、水を飲むこともできません。

私たちが生きのびるためには、最低でも3日間から1週間以上、誰の力も借りることなく自力で生活をしていくための備蓄が必要です。もしもの時に「備えておけばよかった」と後悔しないよう、今からでもしっかり備えることが大切なんですね。

 

みんなの防災TOPへ戻る

特集記事一覧

運営者情報

北海道住みで大地震経験者の主婦レイラです。2018年の北海道胆振東部地震も経験…続きはコチラ

お問い合わせフォーム

レイラのTwitter

最新情報を発信中!

カテゴリー