レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

地震前兆?ネズミが大群で移動してきたミャンマー!過去には大地震も。

これは地震前兆なんでしょうか?

数千匹規模のネズミが、大群で村へと移動してきたというミャンマー。

ネズミの大移動は大きな地震の前触れ?

過去にはネズミの大移動後に大地震が起きた事例も。

ネズミが大量に移動してきたミャンマー。その数、数千匹!!

AFPよると、先週末、ミャンマー南部のイラワジ川デルタ地帯に位置するハインギー島の村々に、ネズミが大量に移動してきているそう。

村に移動してきたネズミは数千匹の規模。

住民たちはネズミ退治に悪戦苦闘しているということです。

村民は不安でいっぱい。何かが起こるのでは…?

ミャンマーでは昔からの言い伝えで、

「ネズミは悪天候を予知できるとされていて、人々は洪水や地震も起こるのではないかと心配している

と、地元の議員さんはおっしゃっているよう。

 

それにしても、普段あまりネズミにはお目にかからないので、そんなに大量に来られたら

「こりゃ何かおこりそう( ゚Д゚)」

と考えてしまいますよね。

 

ネズミは天気も予知できるという話は初耳でしたが、『ネズミの大移動は地震の前兆』という話は聞いたことがあります。

現地では今のところ目立った地震活動などはないようなのですが、過去には、実際に住民に避難指示を出し、地震の被害をくい止めたケースもあるんですよ。

地震前兆?ネズミの大移動を見たら大地震?!

 

◆1975年海城地震の例

1975年2月4日、中国の遼寧省海城市(かいじょうし)で起きたM7.3の大地震。

 

「ネズミが大群で移動している」

「真冬なのに冬眠中のヘビが次々と巣穴から出てきた」

などの動物たちの異常な行動の目撃情報が多数あったといいます。

 

当時の中国政府は国家規模で宏観異常現象(大地震の前触れとして発生ないし知覚されうると言われている、生物的、地質的、物理的異常現象)を研究していて、地殻変動や地磁気の異常に加え、宏観異常現象が多数あったことを重く見て、政府は住民に避難指示を出しました。

結果、死者は1300人以上出てしまいましたが、1年半後に約200キロ離れた唐山で起きた同じ規模の地震の時には避難指示は出されなく、25万人もの死者が出てしまいました。

このことから、海城地震は世界的にもまれな、地震予知が成功した地震として知られています。

まとめ

ネズミの大移動の原因は電磁波とも陽イオンとも言われているようですが、大きな地震の前後では必ずと言っていいほどこのような話題が出ますよね。

ネズミで完璧な地震予知ができるかどかは不明ですが、やっぱり気に留めておく必要はあるのかも…?

 

【地震前兆はクジラだけじゃないっ!地震前兆総まとめ】 >>

地震前兆はクジラだけじゃないっ!地震前兆総まとめ

特集記事一覧

カテゴリー