レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

2016年6月30日の地震は首都直下の前兆か?大地震を予知する人物現る!

今日の北海道は

なんだかムシムシしてます

でも、スッキリとしたきれいな青空。

気温もぐんぐん上がりそう!

全国的にも気温が上がりそうなので

熱中症には注意ですね(^.^)

 

さて、東京にお住まいの方は

昨日の夜の地震、

驚いた方も多いのでは??

 

さらに驚かせるつもりはないのですが

首都直下地震について

こんな恐ろしいお話もあるので

一応お知らせしようと思います。

 

函館地震の次は首都直下が起きる・・・!

2016年、北海道函館市で起きた震度6弱の地震。

いまさらですが、

実はこの函館の大地震を、

「日刊ゲンダイ」で予測していた専門家がいます。

 

その人は

元前橋工科大教授の濱嶌良吉さん(地殻変動解析学)。

 

熊本地震後に

「(次に)心配なのは北海道」(5月19日付)と

警鐘を鳴らしていたのです。

 

「日本列島はアーチの形をしていて、

その両端を支えているのが

北海道と九州。

熊本地震で

九州地方のエネルギーが解放されたので、

次は北海道ではないかと思っていた。

ただ、今回は規模がまだ小さい。

今後M9クラスの大地震が、

北海道周辺で起きる可能性はある・・・

 

さらに、函館の次に地震が起こる場所についても

濱嶌さんは言及しています。

 

「心配なのは首都直下地震と関連のある活断層

『柏崎―千葉構造線』の動き。

818年に発生した弘仁地震(M8クラス)は

この活断層が震源といわれている。

 

今はその地震からちょうど1200年が経つころ。

数年の間に、いつ巨大な首都直下地震が起きても

おかしくありません。

 

東京五輪を開催するのは無理です。

返上して、防災に専念すべきだと思います」

 

函館の次は首都直下なのでしょうか?

それとも、もう一度北海道で大地震が起きてから

首都直下なのでしょうか・・・

 

どちらにしても

首都直下は前から心配されている地震ですし。

怖いけどいつかはくるのでしょうね。。。

6月30日M3.4は首都直下の前兆か?

ずいぶん局地的な地震でしたよね。

 

東京23区が震源となった地震は

2016年4月14日ぶり。
このまま回数が増えたり、

規模が大きくなってきたりすると

要注意かもしれませんね。

東京大震災、7月17日を唱える人物も!

なんだかよくわかりませんが

テレビで地震予知?なるものをしている方で

その方は

東北-東京大震災は7月17日頃としています。

 

テレビで地震予知って・・・

写った景色や時代背景などで

地震の予知なんてできるんでしょうか

 

で、その方は

地震予知歴6年です。

20以上を的中させました。

311は千葉の大火災地震として惜しかったです。

と、ご本人様はおっしゃっています

 

「惜しかった」という

地震を当てたいの?みたいな風に

わたしは思ってしまうのですが…

ちょっと引っかかる表現をされるんですけど…

 

 

7月17日ころ

津波を伴う地震を予言されています

 

よくわかりませんが、

色々な地震の予知方法があるみたいです(~_~;)

 

一応ご報告まで。

特集記事一覧

カテゴリー