レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

【鳥取地震予言2016】次の警戒は10月27~28日?!との情報も。

地震予言・予知はネット上にあふれかえっています。

その中で、鳥取地震に関わる、ちょっと気になる記事がありました。
不必要な情報と判断される方もいらっしゃるでしょう。

当たるか当たらないかわからない情報に、無駄に怖がったり警戒したりするのはイヤですよね。

でもわたしは地震が怖いし、気になるし、もしかすると?っていう情報の一つとして頭に入れておくことが安心材料かな・・・
なんというか・・・

揺れる心構えの必要のある方、地震予言などにご興味のある方はご覧ください。

五芒星館オオタさん、次の鳥取地震を警戒!

お天気の予言・予知も相当的確に当てていらっしゃるオオタさん。

度々このブログでは登場するお方なのですが、オオタさんは鳥取地震発生のすぐ後から、次に来るかもしれない鳥取で発生する地震への警戒を伝えていらっしゃいます。

その記事の最新がこちら。
10月25日(火)五芒星館オオタさんのブログ 「運は、人と連なり動いていくもの?」

 

オオタさんによると、鳥取地震は第二波がくる。

それが、27日(木)~28日(金)とのこと。

早ければ今日10月26日(水)ともおっしゃっています。

もうすぐ・・・

 

21日の地震発生時から小中規模の地震が続いている鳥取ですが、少しずつ地震の回数も減ってきた印象だっただけに、もう一度大き目の揺れが来るのかとおもうと、なんだか熊本地震のことを思い出してしまいますね。

オオタさんの予言・予知を頭の片隅に入れて、地震に対して備えるというか、一つの心構えにしていただくのも良いのかも。

信じる、信じないはご自身の判断で!

気象庁も鳥取では同規模程度の地震に注意をと。

そういえば気象庁の会見でも地震のあと一週間は同規模程度の地震に注意するように言ってましたね。

地震の会見を開くたびに同じようなことをおっしゃっていますが、あれは決まり文句なんでしょうか?
そう言うしかないのかな

地震会見のあの言葉を聞くたびに、やっぱり地震の予知ってできてないんだなって、これからのこともわからないことばかりなんだなって思っちゃいます。
残念というか、やっぱりというか。

まとめ

南海トラフ地震や東海地震は予知ができるなんて話を聞いたことがありますが、ほんとなんでしょうかね?

東海地震発生の予兆の可能性がある現象を観測したときには、「東海地震に関連する情報」または「東海地震関連情報」と呼ばれ、日本の気象庁が発表することになっています。
前兆と見られる現象前兆現象または前兆と疑われる現象が観測された場合はその程度に応じて3段階の情報があり、政府機関やマスコミを通じてわたしたちに知らされることになっているのですが。

今のこの状態で、本当に前兆とかって、気象庁でわかるんでしょうか・・・
心配すぎるんですけど。。。

オオタさんやミシェルさんの方が、個人的にはかなり頼りになる・・・

特集記事一覧

カテゴリー