レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

【地震予言】6月1日は魔の日?!ハロ・ひがさは前兆?

地震予言のお話。
6月1日は魔の日到来?!
5月31日、各地で目撃された虹色の光『ハロ』『ひがさ(日暈)』は地震の前兆現象なのでしょうか?

5月31日、各地で『ハロ』『日暈(ひがさ)』の目撃情報!

ウェザーニュースよると、5月31日、東京や群馬などで虹の光「ハロ」の目撃情報が!

ハロとは日暈(ひがさ)とも呼ばれ、太陽の周りに現れる、虹のような光の輪のことです。

ハロは、雲の中にある氷の粒に太陽の光が屈折してできる現象。

今日の関東などのように、うすい雲が太陽にかかった時に見られることが多いようです。

 

いつもとちょっと違う雲や、いつもと様子の違う虹が出てくると、ついつい地震の前兆かな?と心配してしまいますが…

ハロはどう?

地震の前兆現象なのでしょうか?

ハロやひがさは地震の前兆?過去の例は?

気になっちゃいますよね、珍しい現象って。

というわけで、さっそく過去にハロが確認されたあとに起きた地震について調べてみることにしました。

 

すると、ありました!

ハロ出現のあとの地震。

 

さきほどご紹介した「ハロ」は、太陽を囲むようにできた虹色の現象。

これのアーチ型バージョンを「白虹(しろにじ、はっこう)」と呼ぶようで、白虹のあとには地震が起きているため、前兆現象の一つなのでは?とも考えている人もいるようです。

 

百瀬直也さんがTOCANAに執筆した“白い虹”を見たら大地震、速攻で逃げろ!! 実用的地震予知の大本命は「日暈」と「ラドン濃度」にあり(最新報告)という記事によると…

 

インドネシアのスマトラ州でハロが出現したときは、5日後にスマトラ島でM7.7の地震が発生。

中国でハロが出現した同日、タイでM6.0 の地震が発生しています。

 

失礼ながら、ほんとかよ~と思ってしまいました(笑)

ハロが出ると、大きな地震??

 

たまたまだったんじゃない?と思って、さらに調べていくと。

 

去年2016年5月のこと。

ウェザーニュースには、去年2016年5月19日にもハロ出現の記事がありまして。

本当にハロが地震の前兆現象だったなら、そのあとにも大きな地震が起きているはずですよね?

と、5月19日以降の日本の地震発生を見ていくと…

 

5日後の5月24日に、岩手県沖でM4.4の地震が発生していました。?

 

??

大した大きな地震ではない…??

 

日本では地震が1日起きないことでネットがざわざわするような国。

M4.4の地震が、ハロ出現の5日後に起きたとしても…

正直なところ「前兆現象」と言うには弱いような。。。

ね~

でも、ハロのあとに地震はあるかもしれないから、一応気にはしておきましょうか。

【地震予言。2017年6月1日は魔の日!?震度6予想も!】

ひとまずハロお話はおいといて。

 

数日前にもお知らせしましたが、6月1日はブログ五芒星館を運営している、占星術師のオオタ☆ヒロユキさん『地震☆予言 5/25-6/30編』によるとC~D級の魔の日なんです。

最大震度は~6クラス、M~7クラスという、大きな地震が予知されています。

 

どこで起きるかはわかりませんが、大きな地震。

東日本大震災級の地震にはならないそうですが、この大きさだと、物が倒れたり、直下なら家が破損したりする可能性のある規模ですよね。

震源が海なら?

考えると怖くなってしまいます。

まとめ

一応、心にとめておきましょう。

いつ地震がくるかが大事なのではなく、いつ来てもいいように備えることが大事なんですよね。

オオタさんによると、早ければ5月30日~31日にこの地震の事前影響が出るかもしれないとのこと。

 

30,31日で発生した地震の場所で?と思いますし。

昨日書いた『インドネシアの地震は日本で地震の前兆?やはり6月は注意?!』のように、日本の地震の前兆がインドネシアの地震?とも思いますし…

 

とりあえず、6月1日、気をつけましょう。

特集記事一覧

カテゴリー