レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

【台風18号2016最新進路】気象庁では27日発生予想!米軍などは発生予想無し?!

2016年の台風18号発生予想が気象庁より出ました。

現在発生中の台風のたまご(熱帯低気圧)が今日9月27日(火)21時までに台風に発達するとの見込みです。

気になる最新進路はどうなっているのでしょう?

【気象庁発表、台風18号の予想】

9月27日現在、南鳥島近海にある熱帯低気圧。
これが発達し、台風18号になるのでは?とのことです。

気象庁 台風18号のたまご(熱帯低気圧)進路予想図

<27日06時の実況>

南鳥島近海にある台風18号のたまご(熱帯低気圧)は、1時間に30キロの速さで西に進んでいます。
中心気圧は1008ヘクトパスカル。
中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートルです。

<27日18時の予報>

南鳥島近海にある台風18号のたまご(熱帯低気圧)は、1時間に25キロの速さで西に進む見込みです。

中心気圧は1004ヘクトパスカル。
中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートルです。

<28日06時の予報>

マリアナ諸島まで進んできた台風18号のたまご(熱帯低気圧)は、台風へと発達する予想です。
1時間に25キロの速さで西に進む見込み。
中心気圧は1000ヘクトパスカル。
中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルです。

現在気象庁から出ている情報はここまでとなります。
またあとで説明しますが、この台風18号のたまご、台風になるかちょっと微妙な感じですね。

もしかすると、台風にまで発達することなく、熱帯低気圧で終わる可能性もあるのかもしれません。
気象庁では台風になるよっていう情報ですが、米軍やヨーロッパの台風情報ではどんな予想になっているのでしょう?

米軍の台風情報の予想は?

一説によると気象庁よりも正確な台風情報を出すと言われている、米軍の台風情報。
最近ではご自分でも調べられている方が増えているようですね。

では、さっそく見てみましょう!

・・・??

ない。

ない。

ない。

米軍の台風情報では、今のところ進路予想が出でおらず、雲の様子だけです。

その様子がこちら

米軍の情報でも、台風までの発達は微妙ってことなんでしょうか?

ヨーロッパ中期予報センターの予想は?

コンピューターで10日先までの予想を発表しているヨーロッパ中期予報センター。

10日先までの情報ということで、5日先、10日先の予想は外れることも多いのですが・・・
明日発生予想となっている台風18号、こちらではどんな予想なのでしょう?

・・・あれ?

ない。

台風らしきものが何もない!!

なんとヨーロッパ中期予報センターでは、台風発生の様子が見られません。

28日(水)の天気図29日(木)の天気図ともに、気象庁で台風発生予想の南鳥島近海には何の変化もありません。

ヨーロッパ中期予報センターでも台風発生は微妙、もしくは発生しないという見込み??

これは・・・明日は台風発生しない感じがプンプンしますねぇ
発生しない方がありがたいんですが。

そして、ちょっと気になる予想天気図が・・・

72時間後の予想天気図で台風が消えている?!

気象庁発表の予想天気図では、今日27日21時までに台風18号が発生する見通しでしたよね。
しかし、30日(金)の天気図を見ると、発生したばかりの台風18号の姿がどこにもないんです。

その様子がこちら

これって?

9月27日現在 熱帯低気圧発生中

27日21時予想 台風18号発生

30日には消える??

台風になってもそれほど発達せず、短命で終わるっていう予想なんでしょうか?
日本に影響がないのはありがたいですね!

ところでみなさん、『熱帯低気圧』と『台風』の違いってご存知ですか?
台風のたまご=熱帯低気圧が必ずしも台風にまで発達しなことってありますよね。

どうなったら熱帯低気圧が台風へとなるのか、ちょっと調べてみました。

熱帯低気圧と台風の違い。それは『風速』だった!!

気象庁 台風用語ではこのように記されています。

『熱帯低気圧』とは?

1)熱帯または亜熱帯地方に発生する低気圧の総称で、風の弱いものから台風やハリケーンのように強いものまである。

2)気象情報等で「熱帯低気圧」を用いる場合は、台風に満たない、低気圧域内の最大風速がおよそ17m/s(34ノット、風力8)未満のものを指す。

『台風』とは?

北西太平洋に存在する熱帯低気圧のうち、低気圧域内の最大風速がおよそ17m/s(34ノット、風力8)以上のもの。

つまり、熱帯低気圧で風速17メートルを超えると『台風』、超えないと『熱帯低気圧』のままということなんですね。

今回発生予想の18号、気象庁の情報では

27日18時の予報で中心付近の最大風速は15メートル

28日06時の予報で中心付近の最大風速は18メートル

風速17メートル以上が台風となると、これは・・・
かなり微妙だってことがわかりますよね。

台風になるかどうかはわかりませんが、熱帯低気圧にはかわりありませんから、もし接近してくるような予想になれば注意が必要ですね!

10月に入ってもまだまだ台風シーズン。
ヨーロッパ中期予報センターでも怪しい予想が出ています。

また新しい情報が出ましたらお知らせしますね。

ではでは(^^)/

特集記事一覧

カテゴリー