レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

【2016年台風18号】北陸で熱風?!夜になって30℃超えの異常現象!

2016年の台風18号の接近に伴って南よりの風が急激に強まっている北陸。
強い南風が山越えとなってフェーン現象が発生し、気温が急上昇しているそうです。

一体どういうことなのでしょうか?

【台風18号】現在の状況は?

気象台の発表によると、2016年の台風18号(チャバ)は、5日午後9時には勢力を弱めながら石川県輪島市の北西90キロの海上を、1時間に80キロの速さで東北東に進んでいるとみられます。
中心の気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心の南側170キロ以内と北側70キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

現在は石川県と富山県の一部が台風の暴風域に入っていて、午後8時過ぎには金沢市で34.4メートルの最大瞬間風速が観測されました。
台風はこのあと日本海で温帯低気圧に変わり、その後、北陸や東北を通過する見込みです。

(・・・っていうことは、台風として日本に上陸はしないのか??)

近畿の日本海側ではこのあとしばらく、北陸では6日の未明にかけて、東日本の太平洋側や東北では6日の朝にかけて、沿岸や海上を中心に非常に強い風が吹くおそれがあります。
また、大気の不安定な状態が続くため、西日本ではこの後しばらく、東日本や東北では6日の明け方にかけて、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。

【台風18号】北陸で熱風?!夜になって30℃超えの異常現象!

ウェザーニュースによると、台風の接近に伴って南よりの風が急激に強まっている北陸では、強い南風が山越えとなってフェーン現象が発生、気温が急上昇しているそうです。

金沢では17時から18時に気温が一気に6℃以上も上がり、19時51分に今日の最高気温32.2℃を記録。そのほか、石川県や富山県を中心に30℃を超えています。
20時30分までの最大瞬間風速は金沢で34.4m/s、富山空港で28.8m/s、福井県敦賀で25.3m/sを観測しました。

季節は秋だというのに、昨日は関東で猛暑日一歩手前だったし、今日は夜になってから北陸で真夏日。
台風の影響だというけど、なんだか気持ち悪い異常現象ですね(-_-)

ちなみに、ココ北海道では現在気温が10℃以下。
寒くてストーブをつけたり消したりです。

日本って広いですね。。。

さて、記事を書いている途中ですが・・・

【速報】

台風18号はさきほど日本海で温帯低気圧に変わりました。
しかし、西日本ではこのあとしばらく、東日本や東北では明日の朝にかけて非常に強い風が吹き、局地的に非常に激しい雨が降る恐れがあります。

引き続き暴風や高波に警戒をしてください。

温帯低気圧になったからと安心しないで!

台風18号は温帯低気圧に変わりましたが、台風じゃなくなったからと言って安心しないでください!
油断はできません。

むしろ、温帯低気圧に変わることで強い風のエリアが広がる見込みです。

ウェザーニュースによる、今後の見込み

【四国・近畿】
今夜遅くにかけて非常に強い風が吹く恐れ。
大気の状態が不安定、局地的に非常に激しい雨が降る見込み。

【東海】
今夜遅くから明日の未明にかけて風が強いでしょう。
明日の明け方にかけて激しい雨の降る所もある見込み。

【関東】
今夜は次第に南風が強まるでしょう。
風のピークは明日の未明。
朝まで強い風の残る所も。明日の朝は交通情報の確認をすると安心。

【北陸】
今夜遅くなればなるほど、風が強まり、明日の朝にかけて非常に強い風が吹く恐れ。
雨も強まり、局地的には非常に激しい雨が降るでしょう。

【東北】
今夜遅くから、明日の明け方にかけて、瞬間的には樹木が倒れてしまうような風が吹く恐れ。
今夜遅くから明日の明け方にかけてカミナリを伴って激しい雨の降る所も。

最大風速20メートル、最大瞬間風速35メートルってどれくらい??

天気予報や台風情報ではよく耳にしますが、実際にどれくらいの風が吹くのかってよくわかりませんよね。
というわけで少し調べてみました。

GPV気象予報 風速の目安など参照

■最大風速20メートル

天気予報では「強い風」と表現されます。

・小枝が折れる
・人が転ぶこともあるし、風に向かっては歩けない
・高速道路では、横風に流される感覚が大きくなり、通常の速度で運転するのが困難になる
・ビニールハウスが壊れ始める

■最大瞬間風速35メートル(非常に強い風と表現されます)

・何かにつかまっていないと立っていられない。
・飛来物によって負傷するおそれがある
・細い木の幹が折れたり、根の張っていない木が倒れ始める。
・看板が落下・飛散する。
・道路標識が傾く。
・通常の速度で運転するのが困難になる。
・屋根瓦・屋根葺材が飛散するものがある。
・固定されていないプレハブ小屋が移動、転倒する。
・ビニールハウスのフィルム(被覆材)が広範囲に破れる

まとめ

明日は低気圧が日本の東の海上へ抜けて、日中は天気が回復し、晴れる所が多いよう。
関東や四国、九州では所々でまた真夏日となりそうです。
10月とは思えない暑さとなりますので、熱中症には気をつけなきゃですね。

とりあえず今晩から明日朝にかけては、各地暴風、大雨、竜巻などにご注意を。

そして、新たに台風が2つ、発生予想になっています。
まぁ、こちらは日本への影響はなさそうですが。
早ければ明日にも台風になりそうです(-_-)

では何事も起きずに明日の朝を迎えられますように。

特集記事一覧

カテゴリー