レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

【台風16号2016】米軍最新進路では大阪・京都・名古屋直撃?!

進路予想がかなり難しいとされ、気象予報士たちを困らせている2016年の台風16号。

各予報機関の発表する情報も予想進路が毎日ビミョウーに変わっているのですが、最新の米軍台風情報によると、どうも大阪、京都、名古屋などが直撃の対象となっているようなのです( ゚Д゚)

【大阪、京都、名古屋に直撃?!9月17日発表の米軍最新台風情報は?】


一説によると日本の気象庁よりも正確な情報を出すという米軍の台風情報(JTWC)。

昨日の米軍発表の予想では、「鹿児島や和歌山県串本町に上陸の示唆」ということだったのですが、最新の情報だと、進路がちょっとヤバそうな地域に変わっています・・・

いや。ヤバそうというには語弊がありますね。

台風はどこにきたってヤバいですから。。。

まずは、こちらをご覧ください↓

米軍 台風情報

ご覧になる時間によって情報が更新されている場合があり、また予想が変わっている可能性もありますが・・・m(__)m

この情報によると、

20日(火)に九州に上陸、縦断。

21日(水)~22日(木)に四国、西日本に上陸・縦断と進む予想になっています。

そして気になるのが、西日本の接近・上陸・縦断するかもしれない地点。

なんと。

大都市の『大阪・京都・名古屋』なんですよ”(-“”-)”

本当にこの予想通りになってしまうと、交通機関にもかなり影響が出るでしょうし、大雨で地下が・・・なんてことも考えなくてはなりません。

人口も多いので、多くの人が影響を受けることに・・・

【気象庁の最新予想進路はどうなってる?】

気象庁の予想天気図はちょっと見にくいので、同じ情報を見やすく公開してくれているこちらをご覧ください。

気象庁と応用気象エンジニアリングさんの情報なのですが、これによると、米軍の情報よりも進む速さにスピード感があるようですね。

進路も、四国には接近はするものの、上陸ではなさそうだし、西日本・東日本に進むのも、姫路や長野や群馬を通る予想になっています。

ただ、米軍・気象庁の予想進路で気をつけたいのは、予報円はあくまで「予報」。

その円の中に台風の中心が70%の確率で入りますよってことですから。

円のどこを通るか、今はわからない状況。

気象庁の予想も、米軍の予想も、その点からいえば、さほど変わりはないということになってしまいます。

わたしたちは早く正確な情報が欲しいんですが・・・今回の台風も相当予想が困難なんだといいます。

だからまだ予報円がこんなに大きいんですね。

日にちや時間が近づくにつれ、予報円は小さくなり、どこに接近、上陸するのか、正確な情報になっていくでしょう。

それまでは心配ですね。

まとめ

予報円に入っているところにお住いの方は、「台風が来るかもしれない」ので、一応、念のための準備をしていた方が安心材料になるかと思います!

くれぐれも、最新の情報をこまかくチェックして、備えてくださいね(*^_^*)

ではでは~

特集記事一覧

カテゴリー