レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

台風15号2017今どこ?最新米軍進路!関東は?北海道上陸か!

 

⇒現在発生中の【最新】台風情報はこちらから >>

 

2017年、大型の台風15号は今どこにある?現在地はどこ?

ここにきて、関東に接近、北海道東部への上陸が予想され始めました!

ヤバい!ヤバい!( ゚Д゚)

最新の気象庁、米軍、ヨーロッパの進路予想はどうなっているのでしょう?

気になる台風15号の今後の進路と、現在の位置を見ていきます。

台風15号今どこ?リアルタイム現在地と現在の状況は?

応用気象エンジニアリングHPより

8月30日午前3時50分に発表された気象庁予報部の発表によりますと、

大型の台風15号は、現在小笠原近海を1時間に35キロのスピードで北北西へ進んでいます。

⇒台風の現在地、リアルタイム位置情報はこちら

中心の気圧は980ヘクトパスカル。

中心付近の最大風速は30メートル、
最大瞬間風速は40メートルです。

 

台風15号2017 気象庁 最新進路予想は?

8月30日3時50分に気象庁より発表された「台風第15号に関する情報 第7号」によりますと…

【12時間後 8月30日15時】

台風の中心は小笠原近海に位置し、西に20キロのスピードで進むよう。

中心の気圧は980ヘクトパスカル。
中心付近の最大風速は30メートル、
最大瞬間風速は40メートル。

【24時間後の8月31日3時】

台風の中心は小笠原近海に位置し、西に15キロのスピードで進むよう。

中心の気圧は975ヘクトパスカル。
中心付近の最大風速は30メートル、
最大瞬間風速は45メートル。

【48時間後の9月1日3時】強い台風に発達!

台風の中心は小笠原近海に位置し、北にゆっくり(10キロ以下)のスピードで進むよう。

中心の気圧は965ヘクトパスカル。
中心付近の最大風速は35メートル、
最大瞬間風速は50メートル。

【72時間後の9月2日3時】強い台風に発達!

台風の中心は小笠原近海に位置し、北東にゆっくり(10キロ以下)のスピードで進むよう。

中心の気圧は960ヘクトパスカル。
中心付近の最大風速は40メートル、
最大瞬間風速は55メートル。

(以上)


気象庁HPより

その後スピードを上げて、
8月3日には関東に、3日から4日にかけては東北や北海道に影響が出るかもしれません。

今の予想だと、3日からは35キロにスピードを一気に上げ、4日には55キロの予想となっています。

急に接近してきて、あっという間に暴風雨って感じでしょうか。

 

台風15号2017 米軍 最新進路予想は?

米軍の最新予想進路では、日本の予想より東寄りに進む予想になっていますね。

小笠原諸島では長い時間影響が続くという予想は、気象庁と変わりないようです。

台風15号の衛星画像なんですが、赤い矢印が15号。

台風の中心の雲もまとまっていますが、それよりも周りにのびる雲の大きいこと!

どうやらこの大きな雲せいで、予想の東側の進路を通ったとしても、関東や東北・北海道では影響が出てしまうかもとのことです。

 

台風15号2017 ヨーロッパ 最新進路予想は?

10日先までの予想をスパーコンピューターで出しているヨーロッパ中期予報センターの、最新予想進路も見てみましょう。

まず、気になるのは関東接近ですよね。9月1日の午後9時の予想図がこちら


ヨーロッパ中期予報センターHPより

関東には台風の外側の雲がかかり始めている?

影響が出てくるのかもしれません。

翌日9月2日午後9時の予想は…


ヨーロッパ中期予報センターHPより

グルグルの色からわかるように、かなりヤバそうな感じ( ゚Д゚)

続いて9月3日午後9時の予想。


ヨーロッパ中期予報センターHPより

進むスピードは気象庁や米軍と同じように、かなり速度が上がるみたい。

進路は…ちょっとわかりにくいですが、米軍の予想よりは西より?

北海道直撃!!

というか、この具合だと、関東も東北も北海道も、なんだかかなりの影響が出そうじゃありませんか?

台風15号の右側のグルグルも大きいですが、何ですかコレは?!

まとめ

大型の台風15号の各社最新進路について見てきましたが、いかがだったでしょうか。

  • 数日間は小笠原諸島近海に居座るため、小笠原諸島では大きな影響が出そう
  • その後、関東や東北に接近!
  • 北海道は上陸の可能性も!!

今年、「大型」の台風になったのは台風6号と、今回の台風15号の2個。

大型の台風が日本付近を進むのは今年初めてです。

台風が「大型」ということは、台風の中心から500キロ以上離れている地域でも影響を受ける恐れがあります。

天気図には前線もあり、台風周辺の湿った空気が流れ込んで、関東は31日(木)頃から、東北、北海道も今週末には活発な雨雲がかかる可能性があるそう。

週間天気には雨のマークも増えてきましたが、台風の進路次第では週末にかけてどんどん天気が悪くなっていくかもしれませんね。

くれぐれも最新の天気予報をチェックして、接近・上陸が予想される地域にお住まいの方は、早めの準備を!

風や雨で大変なことになるかもしれませんから、停電や避難に備えておきましょうね。

あ、そうそう。

台風16号のたまごが予想されていましたが、台風に発達する可能性が低くなったとの気象庁最新情報です!

ヨーロッパの予想を見ていると、まだ台風になる可能性は秘めているような気もしますが…

追記

8月31日、台風16号のたまごが発生!これは台風になるそうです。

特集記事一覧

カテゴリー