レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

台風14号2017たまご 最新進路米軍・ヨーロッパ・気象庁は?

2017年の台風14号のたまご(熱帯低気圧)の発生が予想されました。

今年は9月以降に台風続発とも言われていますが、日本へ接近、上陸の可能性はあるのでしょうか?

最新の進路予想を米軍、ヨーロッパ、気象庁の3つから見ていきます。

現在発生中の最新台風はこちらから >>

2017年台風14号のたまご 米軍最新予想進路は?

日本の気象庁よりも確実な台風予想を出しているとも言われている、米軍の台風情報。

台風14号の進路はどう予想されているのでしょうか?

画面中央、九州からまっすぐ下に下がったところの黄色い丸が台風14号のたまごになりそうな熱帯低気圧です。

正確に言うと、8月24日現在、まだ台風のたまごになっていません。

「これから24時間以内にたまごになるかもしれませんよ~」という低気圧です。

よって、米軍の台風情報では、残念ながらまだ進路予想は出されてはいません。

今後、発達して台風14号のたまご(熱帯低気圧)や台風になると、詳しい進路情報が出てくると思います。

 

それにしても、台風14号のたまごの右に並ぶ2つの雲のかたまり。

気になりますね~。

素人目に見ても、これって台風になりそうじゃない?って思ってしまいますよね。

今のところこれらの雲に関して、まだ台風のたまごになる情報は出ていませんが、今後どのようになっていくか様子を見守りたいと思います。

 

米軍 最新台風情報はこちら >>

2017年台風14号のたまご ヨーロッパ最新予想進路は?

10日先までの台風情報などをスーパーコンピューターで予想している、ヨーロッパ中期予報センター。

こちらでは台風14号のたまごはどのような進路が予想されているのでしょうか?

まずは、8月25日の天気図。

8月24日更新 ヨーロッパ中期予報センターより

わかりやすく赤い丸で囲んだものが、台風14号のたまごです。

フィリピンですね。

このあと、どのような動きをするのか、翌日の26日の天気図も見てみましょう。

8月26日の予想

北西方向かな?

中国の方に進んでいますね。

では、翌々日の8月28日は…?

8月28日の予想

西へ進み、中国大陸へと進んでいますね。

今発生している台風13号の進路と同じようなところを通りそうな感じ(+_+)

たて続けの台風接近で被害が出なければ良いのですが…心配ですね。

 

ヨーロッパの予想では、今のところ台風14号のたまごはフィリピン付近で発生し、中国大陸の方へ進むと予想なっていて、日本への接近や直撃はない見通しとなっています。

台風13号と同じように、沖縄などでは波が高くなったり、本州でも猛暑やゲリラ豪雨などの間接的な影響があるのかもしれませんね。

ヨーロッパ中期予報センター 最新の台風進路予想はこちら >>

2017年台風14号のたまご 気象庁 最新予想進路は?

わたしたちが普段よく目にする気象庁の天気予報ですが、こちらもまだ、台風14号のたまごの情報はありません。

今日の夜になれば、天気図で情報が出てくるかもしれませんね。

発達して熱帯低気圧になると、こちら↓で情報が確認できるようになります。

気象庁 台風・熱帯低気圧の最新情報 >>

 

気象庁ではまだ台風14号のたまご(熱帯低気圧)の発生情報は出ていませんでしたが、tenki.jpの予想天気図では確認ができました!

こちらは8月24日に発表された、72時間後8月26日朝9時の予想天気図です。

画像左下の、フィリピン近くにある熱帯低気圧が台風14号のたまごです。

こちらも現在ここまでの情報しかなく、どのような進路をとるのかということまではわかりませんでした。

明日、明後日になると、より詳しい進路情報が出てくると思います。

詳細はtenki.jp 予想天気図へ >>

まとめ

台風14号のたまごは、8月26日頃にフィリピン近くで発生する可能性があります。

ヨーロッパ中期予報センターによる現在の予想では、北西に進路を取り、中国大陸へ進む見通し。

日本への上陸や接近は今のところ予想されていません。

 

先ほども少し触れましたが、今年は9月以降に台風が続発するのでは?という予想も出ています。

現に、米軍の衛星写真では怪しい雲のかたまりも!

高気圧の位置や偏西風の流れなどによっては、関東直撃の台風もあり得るんだそう。

そして、直接的な台風の影響はなくても、台風からの湿った空気などにより、間接的に影響の出る場合もありますよね。

週末の雷や豪雨をはじめ、ここ数日は過去にあまり見たことのない雷の映像も目にする機会がありました。

もう日本では過去の経験値が役に立たない気象現象が起きまくっています。

今はお天気の情報も、アプリなどで簡単に詳しく見られる時代です。

被害にあわないためにも、そういう便利なものをうま~く使って、減災に努めましょうね。

では、続報が出ましたらこのブログでお伝えします。

またのお越しをお待ちしております(^.^)/~~~

特集記事一覧

カテゴリー