レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

【台風19号20号2016】ヨーロッパでたまご発生!最新進路と日本への影響は?

10月3日現在、猛烈な台風となった18号に続き、10日先までの予報を出しているヨーロッパ中期予報センターによると、台風19号・20号のたまごも発生するとの情報が出ています。

え~?また~?”(-“”-)”と感じますが、このたまごたち、日本への影響はあるのでしょうか?

どのような進路になるのか見ていきたいと思います。

2016年台風19号のたまごの最新進路


まだ台風へと発生するかはわかりませんが、ヨーロッパ中期予報センターの天気図やyahoo!の予想天気図からは『たまご(熱帯低気圧)』の発生が予想されています。

現在発生中の台風18号が日本を縦断し、東へぬけた10月6日(木)。
台湾のすぐ近くで発生するのが台風19号のたまご。

yahoo!6日予想天気図で確認すると、『熱』って書いてありますね。
これが たまご(熱帯低気圧)です。

このまま熱帯低気圧で終わるのか、台風まで発達するのか現段階ではわかりませんが、台風に発達する可能性があります。

ヨーロッパ中期予報センターの予想はどうなっているのでしょう?

まず、熱帯低気圧発生時の10月6日の様子がこちら
位置もだいたいyahoo!の予想天気図と同じで、台湾のすぐそばで発生の予想となっています。

その後の進路は?というと、徐々に発達しながら8日(土)には香港直撃し、9日(日)はベトナムに向かって行く様子が見られますね。
この予想通りのコースをたどれば、日本への影響は少ないと思われます。

米軍の台風情報では?

気象庁よりも正確な予想をするとも言われている米軍の台風情報では?と言いますと、現在はこのような衛星画像のみとなっています。

東京からま~すぐ下に降りたところに「L」と表示されているのが、台風19号のたまご。
まだ『熱帯低気圧』ではなく、『低気圧』という表示ですね。

現時点での台風19号に関する情報は、これ以上発表されていませんが、今後の情報が気になるところです。

それにしても、今年は台湾を直撃するような台風が多い印象。
先日の台風と言い、今年の台風1号と言い、今年はかなり大きな被害が台湾でも出ているので、どうか直撃だけは避けてほしいところです(~_~;)

2016年台風20号のたまごの最新進路

まだ台風へと発生するかはわかりませんが、ヨーロッパ中期予報センターの天気図では『たまごらしきもの』の発生が予想されています。

台風19号のたまごが発達しながら南シナ海を進んでいる10月7日(金)。
日本からず~っと離れた予想天気図右端で発生するのが台風20号のたまご。

その様子がこちら

このまま熱帯低気圧で終わるのか、台風まで発達するのか現段階ではわかりませんが、台風に発達する可能性があります。

台風20号のたまごヨーロッパ中期予報センターの予想進路

ヨーロッパ中期予報センターの予想進路はどうなっているのでしょう?
徐々に発達をしながら日本の方にやってきて、一番接近するのが来週11日(火)。

その様子がこちら

それでもまだまだ日本からは遠いですね。
このあとは幸いなことに日本に近づくことはなく、この予想通りのコースをたどれば、日本への影響は少ないと思われます。

台風20号のたまご米軍の台風情報

気象庁よりも正確な予想をするとも言われている米軍の台風情報では?と言いますと、現在はこのような衛星画像(台風19号のたまご)のみとなっています。

19号、20号のたまごは現段階では日本への接近は予想されていませんが、まだ日がありますので、進路や台風に発達するかどうかを含めて、確定的な情報ではありません。
もう少し日が近づくとはっきりしてくると思いますが、一応の情報としてお伝えしました。

まとめ

それよりも、今は台風18号が気になります。
猛烈な台風になって沖縄本島に接近中( ゚Д゚)

「数十年に一度の強度」が予想される大雨、暴風、波浪、高潮の特別警報も発表されました。

大雨の特別警報っていうのは聞いたことがあるけど、暴風や波浪や高潮にも特別警報があるなんて!
NHKのアナウンサーの方のお話の仕方を聞いていると、東日本の地震の時を思い出してしまって。

「命を守る行動をとってください」って。

もう、全身鳥肌が止まりませんでした。
沖縄のみなさん、どうか被害が大きくなりませんように。

そのあと接近してくる九州、四国、本州のみなさんも。。。
では、19号20号については、また新しい情報が出たらお知らせしますね。

特集記事一覧

カテゴリー