レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

【東日本大震災体験談】驚愕!指定避難所なのに予備電源がない!

春休みに実家のある宮城県へ帰省中、2011年3月の東日本大震災で被災した加藤さん。自宅の倒壊は免れましたが、数日間の避難生活を経験されました。驚くことに、避難先には避難所に指定されているのに予備電源がないという衝撃に事実。当時経験されたことや、被災後から災害に対しどのような備えをしているのかを教えていただきました。

2011年3月、東日本大震災。その時は春休みで実家にいたのですが、ものすごい上下の揺れ。なんとか家の外に出ようとしましたが、歩くことすらままならないような状況。ようやくの思いで外には出られたのですが、揺れている間、遠くからは正体の分からない「ドーン」という大きな音も聞こえ、得体のしれない恐怖感に襲われました

ほどなくして揺れは収まりましたが、とてつもなく大きな地震でしたから「余震が来るかもしれない。すぐに避難しよう」ということになり、すぐに準備をはじめました。必要最低限の物を持ち出すため、家に入った時、砂壁に稲妻のようなひびが入って崩れていたのを今でも覚えています。

「いつか大地震が来る」と言われていた宮城県でしたが、私自身はそこまで重要なこととは考えておらず、家族も避難袋など用意していない状況でしたので、財布とスマートフォンを片手に避難所になっていた小学校へ急いで避難しました。避難の途中で見た家のそばにある墓地は、墓石がほとんど倒壊してしまい、大変な地震が起きてしまったんだと実感しました。

私たちが利用した近くの避難所は、『避難所』とは名ばかりで、普段は普通の小学校として使われてます。そのため予備電源なども無く、ほどなくして情報収集のために使っていたスマートフォンの充電が切れてしまいました。幸い、予備のモバイルバッテリーが複数個あったため事なきを得ましたが、電気がないということがどれほど不便なことかと、改めて身につまされました。

数日後、家の倒壊事態を免れた私たち一家は避難所から帰ることができたのですが、沿岸部に住んでいた親戚の家は床下浸水の被害に見舞われ、海水を掻き出す作業を手伝いに行きました。津波が運んできた海水の臭いなのでしょうか。床下から屋内にヘドロ臭が充満しており、同じく被害に遭われた近所の方と総出で、季節外れの扇風機をフル稼働させることになったのをよく覚えています。

被災後私たちは避難袋を用意し、家族間でも緊急時の集合場所や、携帯会社の用意する災害掲示板の使い方などを確認しました。スマホのために充電用のモバイルバッテリーも用意しています。また、母も「家の固定電話があれば良い」という人だったのですが、震災以降は携帯電話を持つようになりました。

今までなんとなくで過ごしていた9月1日の防災の日も、毎年家族で防災訓練を行い、避難袋に入れている賞味期限の切れた非常食を食べたりして当時のことを忘れないようにしています。防災グッズは国内で大地震があるとすぐに入手困難になります。【備え忘れ】の再確認はこちらから >>


特集記事一覧

運営者情報

北海道住みで大地震経験者の主婦レイラです。2018年の北海道胆振東部地震も経験…続きはコチラ

お問い合わせフォーム

レイラのTwitter

最新情報を発信中!

カテゴリー