レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

静岡安倍川から水が消えた?!梅雨なのに水不足が深刻に!

静岡県の一級水系河川の『安倍川』から、川の水が消えた?!

梅雨なのに雨が降らず、全国の水不足が深刻に!

梅雨なのに雨が降らない!

2017年の梅雨、沖縄では歴史的な大雨となりましたが、九州から関東にかけては、梅雨に入ってもほとんど雨が降らず水不足を心配している方も多いのでは?

どうやら心配は的中。

全国で梅雨時期の今 雨が降らないことで、各地に異変や影響が出始めているようです(+_+)

静岡の安倍川から水が消えた!降水量がわずか8.5%!!

平成の名水百選にも選ばれた一級水系河川の、静岡県『安倍川』。

なんと安倍川では雨が降らない影響で川の水が消えてしまったのです!

 

通常時の川幅は400メートルあり、水の流れている部分の幅は約30メートル。

時期にもよりますが、水深は常時60cmから1メートルはあるそう。

 

しかし、今日の安倍川の様子を見てみると、水の流れは一切なく、

「ここは本当に川なの?」

と思ってしまうような、ゴロゴロの石だらけです。

 

TBSのお昼の情報番組でもJR静岡駅から車で10分のかのう橋から中継をしていましたが、画面に映るのは見渡す限りの川底。

川の流れどころか、川なのに水がない!!

知らない人が見ると、ここが川だなんて思えない景色です。

 

リポーターによると、上流に向かい5~6キロは川の水の流れはなく、ところどころに点在する水たまりだけがある状況だそう。

 

毎日30cmくらいの水が干上がっていき、徐々に川幅が狭くなり、6月8日ころ、ついには川がとぎれとぎれに!

これは背切れという現象で、地元の人も

「梅雨時期に川が途切れたり、水がなくなるのは初めて」とてもびっくりしている様子です。

 

この現象の原因はズバリ、雨が降らないこと!

静岡では6月はほとんど雨が降っていなく、昨日までの18日間で梅雨だというのに降水量はたったの16.5ミリ。

なんと、例年の約8.5%しか降っていません。

安倍川の伏流水は静岡市の生活用水としても使われているので、深刻な水不足が心配されます…(~_~;)

全国でも梅雨の水不足が深刻に!各地の影響は?

 

佐賀県では田んぼがひび割れ!

4月下旬~6月中旬の降水量が平年の半分に満たない佐賀県では、武雄市で田植え後の水田が干上がってしまいました。

まとまった雨が降らなければお米の収穫量に大きな影響を与えてしまいそうです。

住民の8割が稲作で生計を立てていて、水不足はかなり重要な問題。

今後も雨が降らなかった場合、武雄市では対策室の立ち上げを検討しています。

早くまとまった雨が望まれますね。

三重県では梅が!

三重県御浜町では、南高梅の収穫量が減少傾向にあります。

生産量は当初の見込みより3割ほど減る見込みだそうです。

 

山梨県では桃の大きさに変化が!

山梨県笛吹市では桃の生産に遅れが出ています。

収穫時期を迎えた桃ですが、今年は小ぶりな桃が多いといいます。

スプリンクラーで水まき量を増やし、より多くの水分を与えるように対策をしているのだそう。

まとめ

各地で梅雨だというのに雨が降らず、水不足の影響が徐々に出てきています。

四国では6月なのに、もう取水制限が始まるなど、まるで梅雨感がなし…

農作物への影響や、生活用水の取水制限など今後の行方が気になります(~_~;)

特集記事一覧

カテゴリー