レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

むらさきしきぶさんの噴火の予知夢はこれだった?口永良部島が噴火!

2019年1月17日午前9時19分頃、鹿児島県にある口永良部島(くちのえらぶじま)の新岳で爆発的噴火が発生。気象庁から噴火速報が発表されました。地震予知でおなじみのむらさきしきぶさんが見た噴火の予知夢はこのことだったのでしょうか。

2019年1月13日 口永良部島が噴火

昨年(2018年)12月18日に火砕流を伴う噴火が発生、今年(2019年)の1月2日には小規模な噴火が発生するなど、このところ活発な火山活動が続いていた口永良部島ですが、1月17日に爆発的噴火を起こしました。口永良部島での噴火は1月2日以来半月ぶりの噴火となります。


噴煙は火口から少なくとも約6000メートルまで上がり、映像を見ても大きな噴石があちこちに飛んでいるのがわかります。火砕流は南西と北西に約1.5キロほど流れたそうですが、火口から2キロ離れた民家のある地域にまでは達していないとのこと。すでに火口から2~3キロのところにお住いの方は全員が避難をしていて、無事が確認されています。

気象庁は噴火速報を発表しましたが、気象庁は噴火警戒レベルを引き上げる状況とは判断していないとし、噴火警戒レベルは3のまま。今後も火口から2キロ圏で噴火時に飛散する噴石、火砕流に警戒する必要があるとしています。

口永良部島と言えば、2015年の5月29日に爆発的噴火を起こし全島民が避難したことが記憶に新しいですが、今のところはお住まいの方達が島外へ避難する必要はなさそうです。

それにしても、口永良部島の方々は避難行動が素晴らしいですね。火口近くにお住いの方達は、噴火時に少し地面が揺れ、山から黒い煙が上がっているのを見ると、それぞれが自主的に、火口から4キロ離れた避難所へと急いだそうです。どこに住んでいても、どんな災害でも真似したい『備えの行動』ですね。

皆さんにお怪我がなく安心しました。これ以上大きな噴火が起きませんよう、祈っております。

むらさきしきぶさん、3日前に噴火の予知夢

噴火のニュースを見て、数日前からネット上では火山噴火の体感を報告する方が多いなと思っていました。あの、地震予知予言でおなじみのむらさきしきぶさん火山噴火の予知夢を3日前に見たと報告されていました。

「昨夜は、夢で裁くみたいな砂が吹き込んでくるのをみたのです。ただ、砂だと思ったら、すごく粗くて、火山噴火の火山灰だね、と、夢の中で家族で話していました。」~むらさきしきぶさんツイッターより~

火山の噴火は日本でも海外でもしょっちゅう起きていますから、口永良部島の噴火の予知夢だったのかはわかりませんが…。偶然なのか、どうなのか。

驚異の的中率を誇る占い師のラブちゃんは、今日のブログ「ちょっとした地震に注意」としていましたから、これも広い目で見ると的中なのかもしれませんね。

1月も後半に入りましたが、ラブちゃんが「地震や災害に注意」としている日はまだまだ続きます。お出かけのご予定があるなど、気になる方は確認してみてください。ラブちゃんの占い『1月後半の地震や災害の注意日』はこちらから >>

また、2019年は南海トラフに関連する大地震の予知予言も多いです。怖いのが嫌い!という方は、決して読まないでくださいね。最新地震予知予言【2019年~】はこちらから >>

特集記事一覧

カテゴリー