レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

【液体ミルク】グリコ・明治の使い方など疑問を全て解決!乳児用防災備蓄に!

ついに日本初の『乳児用液体ミルク』が江崎グリコと明治から発売!

お湯を沸かさず、哺乳瓶に入れ替えるだけでパッと飲ませることができ、常温で長期保存もできることから、海外ではすでに常用されている国が多いですし、東日本大震災や熊本地震の際には海外からの救援物資として日本でも利用されました。

しかし、赤ちゃんに飲ませるものとあり、やはり安全性などの面から外国製には不安の声
国産の液体ミルクの販売を待っていた人は多いでしょう。

今回は「液体ミルクを使ってみたい」「赤ちゃん用の防災備蓄として備えておきたい」という皆さんに向け、液体ミルクの使い方や保存方法、メリットやデメリットなど、液体ミルクの疑問を全て解決していただけるよう、まとめてご紹介したいと思います。

  • 母乳に近い栄養成分で『母乳の代替品』として使えます
  • 粉ミルクを作るときのように、お湯やお水も一切不要!必要なのは哺乳瓶だけです
  • 温める必要がないので、哺乳瓶に入れ替えるだけで簡単スピーディーに飲ませられます
  • 常温で長期の保存ができるため、災害時の防災グッズやお出かけのときにも便利です
[/su_box]

母乳や粉ミルクの代替品になる!

液体ミルクは母乳に近い栄養分を目指し、赤ちゃんにも安心して飲んでもらえるよう作られました。

粉ミルクを利用している赤ちゃんはもちろんですが、普段は母乳というママでも安心して使えます。

ママの体調が悪かったり、母乳の出がいまいちという時にも、母乳と同じように赤ちゃんに飲ませてあげられますよ。

お湯もお水も温めもいらない!必要なのは清潔な哺乳瓶だけ!

液体ミルクが魅力的なのは、ミルクを溶かすお湯も不要!
ミルクを冷やすためのお水も不要!

『必要なのは消毒された清潔な哺乳瓶だけ』という手軽さです。

粉ミルクって作り慣れてない人が作ると、ミルクが薄かったり濃すぎたりと、失敗してしまうこともありますし、けっこう時間がかかってしまいますよね。

でも、液体ミルクならミルクを作る作業自体が必要ないので、紙パックから哺乳瓶に入れ替えるだけで、誰でもあっという間に赤ちゃんに飲ませてあげることができます。

お腹が空いて泣いてる赤ちゃんを待たせることもありませんよ。

災害時の赤ちゃん用防災グッズやお出かけにも最適!

災害時にはライフラインが寸断して、水がない、お湯が沸かせないなど、ミルクを作ってあげられない事態になることも考えられます

そんな時のために備えておきたいのは、やっぱり液体ミルク!

哺乳瓶に入れ替えるだけで常温のまま飲ませてあげられるので、お水がなくても、お湯が沸かせなくても、赤ちゃんにミルクをあげることができますよ。

また、普段ミルクを利用している赤ちゃんのお出かけには、スティックタイプやキューブ型のミルクや、ミルクを作るためのお湯入り水筒、それに哺乳瓶…とかさばる荷物が多くなりがち。

旅行先ではお湯が用意できなくて困ることもありますよね。

液体ミルクなら、ミルクと哺乳瓶だけですから持ち運びもコンパクト!
ちょっとしたお出かけにも、数日間の旅行にも、液体ミルクって本当に便利そうですよね。

液体ミルクの使い方は?

液体ミルクの特徴でもご紹介したのでお察しの人もいると思いますが(^.^)

液体ミルクの使い方はとっても簡単!
たったの2ステップで赤ちゃんにミルクをあげることができちゃいます。

液体ミルクの使い方STEP①

(ここではグリコの液体ミルクの場合をご紹介します。)

液体ミルクをよく振り、付属しているストローを液体ミルクに差し込みます。

液体ミルクの使い方STEP②

ストローから消毒した清潔な哺乳瓶に入れ替えます。

以上、終了です(笑)
こちらの動画で詳しい液体ミルクの使い方をご覧いただけます。

液体ミルクの疑問を全て解決!

ここまで液体ミルクの便利さをご紹介してきましたが、実際に使うにはまだまだわからないことが多すぎますよね。

ここからは液体ミルクの疑問を全て解消できるよう、さらに突っ込んだ液体ミルクの情報を詳しくご紹介していきます。

液体ミルクの保存方法・賞味期間は?

液体ミルクは常温で保存できます。

直射日光や暑い場所を避け、20℃前後の室温で保存します。

グリコのアイクレオ赤ちゃんミルクの場合は、常温で半年間の賞味期限となります。

液体ミルクが冷たいときはどう温めたらいい?

液体ミルクは常温で飲めますが、冷たすぎると感じた場合は哺乳瓶に入れ替えた後、湯煎などで温めることもできます

赤ちゃんによってはあまり冷たいと飲んでくれない赤ちゃんもいますから、様子を見ながら与えてあげましょう。

液体ミルクは何ヶ月の赤ちゃんから飲ませられる?

グリコのアイクレオ赤ちゃんミルクの場合は、新生児から飲ませることができます。

液体ミルクはどのくらいの量が必要?

グリコのアイクレオ赤ちゃんミルクの場合は、1本あたりの内容量は125mlです。
赤ちゃんの月例や体格・授乳回数などにより適量が変わってきますので以下のページを参考にしてください。

江崎グリコ アイクレオ赤ちゃんミルク公式HP

液体ミルクが残ったときはどうすればいい?

液体ミルクは開封しなければ半年間の賞味期限ですが、一度開封してしまったものはなるべく早く使うようにしてください。

飲み残した場合は、もったいないかもしれませんが、次の時には使用できませんので廃棄してください。

液体ミルクの値段は?

グリコのアイクレオ赤ちゃんミルクは、公式ショップだと12本入りで税込2,592円
1本あたり216円という計算になります。

正直なところ、ちょっとお高い…?

2019年3月6日の時点では公式ショップのみで購入できますが、今後はベビー用品店などの店頭でも購入可能になるので、もう少し値段は下がるかもしれませんね。

🔍楽天市場の価格を調べる

🔍Amazonの価格を調べる

🔍Yahooショッピングで価格を調べる

液体ミルクは『いつ』から『どこ』で買える?

2019年3月6日時点で、国産の赤ちゃんミルクを製造しているのは、江崎グリコ明治の2社だけです。

グリコのアイクレオ赤ちゃんミルクは、3月5日から公式オンラインショップで販売開始しています。
3月11日からは全国の店頭でも販売となり、楽天市場やAmazonなどのネットショップでも購入できるようになっていくのかもしれません。

Amazonではすでに予約販売が始まりました!

明治の液体ミルクは3月13日に商品が発表予定で、現在のところ、まだ詳細はわかっていません。
(わかり次第追記しますね。)

液体ミルクのメリットとデメリットは?

液体ミルクのメリットとデメリット
メリット
  • 哺乳瓶に入れ替えるだけの手間いらずで超スピーディー
  • ミルク作りの失敗がない
  • 常温で長期保存ができる
  • 国産で安心・安全
デメリット
  • 粉ミルクに比べると高価格
  • 国産は2社だけで選択幅が狭い

液体ミルクは、粉ミルクに比べて少し値段が高めですが、ミルクを作る時間や手間、保存に関して考えると、圧倒的にメリットの方が多いように感じます。

液体ミルクが常用されている諸外国では、9割以上の家庭で液体ミルクを使っているという国もあるようですが、まだこれから液体ミルクが普及していく段階の日本では、粉ミルクのように『常時液体ミルクを使う』というよりは、『お出かけの時に使う』『災害用備蓄としてストックしておく』というご家庭が多くなるのかなと思います。

国産液体ミルクが『赤ちゃん用防災備蓄』に優れている2つの理由

液体ミルクが災害時に役立つことはご存知の方も多いと思いますが、改めて、液体ミルクが赤ちゃん用防災備蓄に優れている2つの理由をご紹介したいと思います。

ライフラインが寸断してもミルクを飲ませてあげられる!

2016年に起きた熊本地震の発生時、周辺地域では長期間の停電、断水など、ライフラインが寸断されてしまいました。

粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんを育てるご家庭では「粉ミルクはあるけど、断水でお水がなくてミルクが作れない」「粉ミルクもお水もあるけど、お湯を沸かせないからミルクが作れない」という緊急事態も発生したそうです。

災害時、普段からお水やお湯を沸かすガスコンロなどを用意していなければ、粉ミルクさえ作ってあげることができません。

こんな時、液体ミルクでしたら清潔な哺乳瓶さえあれば、いつでもすぐにミルクを飲ませてあげられますよね。

国産の液体ミルクだから安心できる!

大地震などのこれまでの大規模災害発生時には、ありがたいことに、国内外から救援物資が届けられます。

熊本地震の際にもたくさんの救援物資が届いたのですが、その中には海外製の液体ミルクもあったそうです。

しかしママたちの中には「液体ミルクは便利だと思う、しありがたいけど、やはり海外製は不安」という声もありました。

大人でも、事情の良くわからない国の食べ物を口に入れることには抵抗を感じますし、小さく抵抗力のあまりない赤ちゃんだったらなおのことです。

できれば安心できるもの、信用できるものを与えてあげたいと思うのが親心。

今回、グリコや明治から安心して使える国産の液体ミルクが販売されることになり、災害時に大変な思いをされた人たちからは「あの時にこれがあったら良かったのに」という声が聞こえてきそうですね。

国産液体ミルクを『赤ちゃん用防災備蓄』として備えよう!

大地震や災害に備え、各家庭では3日以上の備蓄が推奨されています。
南海トラフ地震や首都直下地震などの大規模災害時には、被災地に入れないなどの理由から、7日以上の備蓄が必要という声もあります。

国産の液体ミルクが販売され、「どこの自治体でも液体ミルクを備蓄するだろう」「避難所にも救援物資として国産の液体ミルクがすぐに届けられるだろう」と思う人もいるかもしれませんが、万が一に備え、家庭でも7日分くらいは用意しておいた方が安心だと思います。

なぜなら、自治体の備蓄品や救援物資は誰もが必要としているものを多く備え、災害弱者と呼ばれる赤ちゃんや高齢者など、特定の人しか必要のないものは備えが手薄になりがちだからです。

液体ミルクも赤ちゃんにとっては命をつなぐ大切な栄養の一つですが、毛布やお水などのように、どこの避難所にも必ずあるものではないので、ミルクの必要なご家庭では備えておいたほうがいい赤ちゃん用防災備蓄の一つとなります。

赤ちゃん用防災備蓄には液体ミルクは何個必要?

例えば、生後1ヶ月(体重3.7kg)で一日7回の授乳をする『完ミ』の赤ちゃんが7日間の備えをする場合(グリコ アイクレオ赤ちゃんミルク1個125ml使用時)には以下のようになります。

1回使用量120ml(1個分)×1日あたり7回授乳×7日分=49個

けっこうな量になりますね( ゚Д゚)

液体ミルクの必要数は赤ちゃんの月齢や体重によっても変わってきますので、各社のHPを参考に算出してみてください。

グリコ アイクレオ赤ちゃんミルク公式HP

赤ちゃん用防災備蓄には液体ミルクだけではダメ!

赤ちゃん用防災備蓄には液体ミルクだけを備えても、停電や断水の際には、哺乳瓶の消毒ができない場合があります。

まだストローでミルクの飲めない赤ちゃんには、消毒の必要がない『使い捨て哺乳瓶』があると便利です。

家庭用備蓄非常用持ち出し袋には、液体ミルクと使い捨て哺乳瓶をセットで備えておくことが安心につながりますね。

まとめ

今回は、江崎グリコと明治から発売(発売予定)の、日本で初めての『乳児用液体ミルク』について、使い方や保存方法、メリットやデメリットなど、液体ミルクの疑問を全て解決していただけるよう、まとめてご紹介してきました。

今まで「液体ミルクってどうなの?」と思っていた方にも、液体ミルクの良いところやそうではないところを知っていただけたのではないでしょうか。

粉ミルクに比べ手間がかからない分、やっぱり少しお値段が高いですが、お出かけの時や災害時の赤ちゃん用防災備蓄としてはぜひ試してみたい商品だと感じました。

これまでは「便利だな」「あったらいいな」と思っていても、売られているのは外国製の液体ミルクだけ。

外国製はなんとなく安全面が不安でなかなか手が出なかった人も、国産の液体ミルクなら安心して「ちょっと買ってみようかな」と思う人もいるかもしれませんね。

ただ、いきなり災害時やお出かけの時に「はい、どうぞ!」と赤ちゃんに与えても、飲んでくれないこともあえりますので、平常時に何度か試してあげることが必要そうです。

授乳中のご家庭が国産液体ミルクの登場で、少しでも育児がラクになったり、災害時のミルクの不安が消えるといいなと感じています。

そして、災害時の自治体の備えとして、一刻も早く全国で液体ミルクを備えて頂けると安心ですね。

Amazonではすでに予約販売中!

運営者情報

北海道住みで大地震経験者の主婦レイラです。2018年の北海道胆振東部地震も経験…続きはコチラ

お問い合わせフォーム

レイラのTwitter

最新情報を発信中!

カテゴリー