レイラの地震・台風・水不足?!最新情報

地震予知予言、台風最新情報、水不足最新貯水率など、報道されない『もしも』の災害に備えるための情報です

台風5号2017最新進路 米軍も鹿児島上陸予想。何時に上陸?

 

⇒現在発生中の【最新】台風情報はこちらから >>

迷走していた2017年の台風5号。

気象庁、米軍の最新台風情報によると、ついに九州へと明日6日(日)に接近・上陸する予想になってきました。

では、気象庁、米軍、ヨーロッパの最新進路情報、日本で最初に上陸する予想となっている鹿児島県指宿市への上陸予想時間を見ていきます。

台風5号2017 気象庁 現在の状況は?

8月5日(土)13時50分 気象庁発表の情報

強い台風5号は、屋久島の南南西約50キロの位置にあり、ゆっくりとした速さ(時速9キロ以下)で北北西へと進んでいます。

中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル。

最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。

8月5日(土)14時の予想

屋久島の南西約40キロに位置し、ゆっくりとした速さ(時速9キロ以下)で北北西へ進んでいると推計されます。

8月5日(土)15時の予想

屋久島の南西約40キロに位置し、ゆっくりした速さ(時速9キロ以下)で北北西へ進んでいると推定されます。

台風の現在地は?リアルタイム位置情報

 

奄美に災害の危険性!記録的短時間大雨情報発表

5日13時37分、気象庁は、数年に一度しかないような記録的な大雨となり、災害が発生する危険が迫っているとし、奄美地方(鹿児島県)に記録的短時間大雨情報を発表しました。

【記録的短時間大雨情報】

奄美地方(鹿児島県) 奄美市付近 約120ミリ(午後1時30分までに)

台風5号2017 気象庁 最新進路予想は?

8月5日(土) 18:00予想
強さの階級 強い
進行方向と速さ 北北西にゆっくり(時速9キロ以下)
中心気圧 960ヘクトパスカル
中心付近の最大風速 40メートル
最大瞬間風速 55メートル
8月5日(土) 21:00予想
強さの階級 強い
進行方向と速さ 北にゆっくり(時速9キロ以下)
中心気圧 960ヘクトパスカル
中心付近の最大風速 40メートル
最大瞬間風速 55メートル
8月6日(日) 0:00予想 屋久島の西北西約50km
強さの階級 強い
進行方向と速さ 北にゆっくり(時速9キロ以下)
中心気圧 960ヘクトパスカル
中心付近の最大風速 40メートル
最大瞬間風速 55メートル
8月6日(日) 3:00予想
強さの階級 強い
進行方向と速さ 北北東にゆっくり(時速9キロ以下)
中心気圧 960ヘクトパスカル
中心付近の最大風速 40メートル
最大瞬間風速 55メートル
8月6日(日) 6:00予想
強さの階級 強い
進行方向と速さ 北東にゆっくり(時速9キロ以下)
中心気圧 960ヘクトパスカル
中心付近の最大風速 40メートル
最大瞬間風速 55メートル
8月6日(日) 9:00予想
強さの階級 強さ
進行方向と速さ 北東にゆっくり(時速9キロ以下)
中心気圧 960ヘクトパスカル
中心付近の最大風速 40メートル
最大瞬間風速 55メートル
8月6日(日) 12:00予想 指宿市付近
強さの階級 強い
進行方向と速さ 北東にゆっくり(時速9キロ以下)
中心気圧 960ヘクトパスカル
中心付近の最大風速 40メートル
最大瞬間風速 55メートル
8月7日(月) 9:00予想 宇和島市の北東約30km
強さの階級 強い
進行方向と速さ 北東に時速15キロ
中心気圧 985ヘクトパスカル
中心付近の最大風速 25メートル
最大瞬間風速 35メートル
8月8日(火) 9:00予想 日本海
強さの階級
進行方向と速さ 北北東に時速20キロ
中心気圧 990ヘクトパスカル
中心付近の最大風速 20メートル
最大瞬間風速 30メートル

気象庁台風情報より

気象庁の予想では、明日8月6日のお昼頃、強い勢力のまま九州鹿児島県の指宿市辺りに上陸し、四国・西日本を縦断し日本海へと進む予想になっています。

進むスピードが遅く、その分大雨や強風による被害が心配になるのですが…

台風5号2017 米軍の最新進路予想は?

米軍の最新進路予想だと、指宿あたりへの上陸時間は、気象庁の進むスピードよりも少し早まると予想されています。

米軍 最新進路予想より

気象庁では6日お昼頃の上陸予想となっていますが、米軍ではそれよりも少し早い午前9時ころには上陸している予想に。

進路も気象庁よりも少しだけ角度が左よりになっていますね。

まだ予報円が大きいので、6日7日の進路ははっきりとはわかりませんが…

予想されている進路近くにお住まいの方をはじめ、進路の東側にあたる場所にお住まいの方は、最新の情報を入手して備えるようにしましょうね。

台風5号2017 ヨーロッパ 最新進路予想は?

ヨーロッパ中期予報センターの最新進路予想。

ちょっと画像ではわかりにくいですが、ほぼ気象庁や米軍と同じ進路予想です。

↑8月5日(土)21:00予想↑

↑8月6日(日)21:00予想↑

↑8月7日(月)21:00予想↑

↑8月8日(火)21:00予想↑

↑8月9日(水)21:00予想↑

だいたい同じですね。

気象庁も米軍もヨーロッパも時間が少しずつ違うのでわかりにくいですが((+_+))

まとめ

迷走していた5号がついに日本列島に接近!

奄美や屋久島、九州南部ではすでに大雨のところも。

動きが遅く長時間同じようなところに台風があるため、風や雨による甚大な被害が心配されます。

上陸は明日6日、鹿児島県指宿市あたり。

早ければ午前中にも上陸の可能性がありますので、厳重な警戒をお願いします。

その後、ゆっくりと九州・四国・西日本を縦断し日本海へ抜ける模様。

しかし!

台風は進路の東側で大雨に注意!

また、台風から離れていても突然の雨などにも気をつけましょうね。

今回の台風5号は離れているから安心!というわけではありません。

離れていても最新の台風情報や天気予報は欠かさずチェックしましょう。

特集記事一覧

カテゴリー