【最新】台風情報 台風情報2017

台風21号24日の進路は?過去10月台風の大災害事例がヤバかった!

更新日:

台風21号(2017年)が接近中ですが、本州への接近や上陸は10月24日になりそうですね。

報道ではさかんに

「台風に備えてください」

「警戒してください」

と言われていますが、どうしてなんでしょう?

まあ台風ですから、そりゃ気をつけるし備えもしますが、ちょっと今回は報道が過熱気味。

不思議に思い、調べていくと、過去、10月に日本へ上陸した台風が大災害をもたらしていることがわかりました…

今回の台風21号と同じ時期に発生し、日本に大災害をもたらした事例を2つご紹介します。

 

 

2004年台風23号 大型で強い台風、各地大雨!死者95名…

気象庁HPより

今から13年前の2004年(平成16年)10月に上陸した台風23号(トカゲ)。

10月13日にマリアナ諸島近海で発生。

18日、宮古島南東で大型で強い勢力へ。

沖縄の南の海上を北上し、20日には大型で強い勢力のまま高知県へ上陸。

その後大阪南部、近畿、東海へ進み、21日に関東で温帯低気圧に。

台風+前線の影響で記録的降水量に

今回の台風21号も予想されていますが、14年前の台風23号も前線の影響を大きく受け、各地で記録的な大雨になりました。

  • 四国・大分 500ミリ以上
  • 近畿、東海、甲信 300ミリ以上

特に、台風が西日本に上陸した日は、九州地方から関東地方にかけての多くの地点で、一日あたりの降水量の記録を上回る大雨となりました。

兵庫県を流れる円山川、出石川や、京都府を流れる由良川では氾濫が発生、西日本を中心に多数の土砂災害も発生。

さらに、高知県室戸市では、高波により堤防が損壊する被害も。

兵庫県、京都府、香川県を中心に、全国で死者・行方不明者が100人近くになり、後に激甚災害に指定されるほどの大きな被害となった台風でした。

 

スポンサーリンク

2013年台風26号 線状降水帯、伊豆大島で土石流発生!

この映像を見て思い出した方も多いのではないでしょうか。

まだ記憶に新しい、4年前の台風26号です。

10月11日、マリアナ諸島付近で発生した台風26号は、大型で強い勢力のまま、16日明け方に関東地方沿岸に接近しました。

その後16日に三陸沖で温帯低気圧になったのですが、15日と16日を中心に、西日本から北日本の広い範囲で暴風、大雨を観測。

北海道では10月なのに雪が30センチも積もる異常な事態が発生したのも思い出します。

伊豆大島では大規模な土石流が発生

特に伊豆大島では、積乱雲が継続的に発生する「線状降水帯」が約6時間も現れ、24時間雨量800ミリ超の記録的大雨を降らせました。

この影響で大規模な土石流が発生。

死者・行方不明者39人を出す、甚大な災害となってしまいました。

今でこそ一般的になった「線状降水帯」という言葉も、この時に知ったような気がします。

 

スポンサーリンク

まとめ

過去10月に日本に上陸した台風の事例を2つ見てきましたが、思い出したものはあったでしょうか?

今度の台風21号が盛んに「警戒するように」と報道で言われている理由がなんとなくわかったような気がします。

それは二つの台風が、台風本体の雨雲だけではなく、秋雨前線による雨の影響を大きく受けたため、甚大な被害を出してしまったから。

そう、今回の台風21号もその条件は同じなんですよね。

本州には秋雨前線がかかっています。

台風からの湿った空気により前線が刺激され、雨が降る。

その雨に続いて台風本体の強烈な雨雲がやってくる…

雨の降る時間は長くなるし、雨量も増えます。

するとどうでしょう…簡単に想像できますね。

川が氾濫したり、土砂災害が起きることがあるんです。

だから報道であんなに「警戒するように」と言っているんですね。

改めて自然の怖さを実感しました。

まだ台風が接近・上陸するまでは時間があります。

⇒台風は今どこ?リアルタイム現在地はココ!

避難経路の確認、確保はもちろんですが、常に新しい情報をチェックしたり、非常用の備蓄をしたり。

日本縦断なんていう予想もありますので、どこに住んでいても、自分で出来ることはしておいた方が良いのかもしれませんね。

わたしも徐々に備蓄品を買いそろえていこうと思います。

⇒気象庁【最新】台風情報はこちらから

 






今日の人気記事

1

2017年の台風22号が発生する模様です。 各地に被害をもたらした台風21号が通過したばかりだというのに、米軍やヨーロッパの予想では、台風22号も日本へ接近してくる予想になっています(~_~;) しか ...

2

各地で大きな被害の出た2017年の台風21号と同じような進路でやってくるとみられるのが、台風22号。 日本への最接近は、10月最後の週末! なんと。 秋の一大イベント「ハロウィン」の催しが各地で開かれ ...

3

台風22号の発生が予想される中、早くも台風23号たまご(2017年)の発生がヨーロッパ中期予報センターから予想されています。 先日の台風21号の上陸もかなり驚きましたが、続いて22号の発生もびっくり! ...

4

台風が接近してくると気になるのが『台風の現在地』。 今どこにある? あと何時間くらいで接近? 上陸寸前になればNHKなどで台風情報が中継されますが、それまでは通常の天気予報からの情報だけ。 意外と情報 ...

5

地震予知で知られるミシェルさんが自身のブログで、 2017年7月後半以降の地震予言を報告しました。 日時や発生場所や震度など気になりますが、どのような予言内容だったのか見ていきましょう。   ...

6

スポンサードリンク   震災の夢を見るスズさん。 久しぶりに見た震災の夢は、   「2年以内(つまり2019年までに)九州、大分県でM9の大地震が発生する」   という、 ...

-【最新】台風情報, 台風情報2017
-, ,

Copyright© レイラの地震・台風・水不足?!最新情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.