【最新】台風情報 台風情報2017

台風18号進路!最新情報がりんご台風と激似!【動画】当時の被害は?

更新日:

 

⇒現在発生中の【最新】台風情報はこちらから >>

 

ついに日本列島へ接近してくる
台風18号(2017年)。

その進路は日本を縦断する予想と
なっていますが、
過去には同じような進路を辿った
猛烈な台風がありました。

その名も「りんご台風」

1991年(平成3年)に発生した台風19号。

名前を聞いただけで
その被害を思い出せる方も
多くいらっしゃるのでは?

そう。

その、りんご台風の進路と
18号の進路が激似なんです!

これは想像以上にヤバいことになる?!

台風18号の最新進路情報と
りんご台風の進路や被害を
動画を交えて見ていきたいと思います。

台風18号2017 最新進路情報【気象庁】

気象庁 台風情報より

気象庁の台風情報(15日6時)によりますと、
非常に強い台風18号は
9月15日6時には久米島の北西約270キロを
ゆっくりした速さで北北東へ進んでいます。

中心の気圧は935ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は50メートル
最大瞬間風速は70メートルです。

中心から半径200キロ以内では
風速25メートル以上の暴風。

中心から半径390キロ以内では
風速15メートル以上の強い風が
吹いています。

【24時間後16日6時】非常に強い
東シナ海に位置し、
ゆっくりと北東へ進む見通し。
中心の気圧は940ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は45メートル、
最大瞬間風速は65メートルが予想。

【17日3時】非常に強い
枕崎市の西南西約120kmに位置し、
時速15キロの速さで東北東に進む見通し。
中心の気圧は940ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は45メートル、
最大瞬間風速は65メートルが予想。

【18日3時】強い
日本海に位置し、
時速45キロの速さで北東に進む見通し。
中心の気圧は965ヘクトパスカル
中心付近の最大風速は35メートル、
最大瞬間風速は50メートルが予想。

【19日3時】
オホーツク海に位置し、
時速45キロの速さで北北東に進む見通し。

⇒気象庁HP 最新の台風情報

この予想だと17日には九州、本州上陸。

列島に沿うように進み、
北海道は18日から19日にかけて
上陸しそうな感じですね。

「非常に強い台風」「強い台風」として
上陸する可能性も出てきました。

ヤバい。ヤバい(''Д'')

18日には時速45キロになるので
いきなり雨風が強まるかも。

どこを通っても日本各地に大雨や暴風が
予想されるため、
どこに住んでいても最新の情報を
チェックしたほうが良いでしょうね。

スポンサーリンク

台風18号 最新進路情報【米軍】

米軍台風情報より

米軍の台風情報も予想進路は
気象庁とあまり変わりありませんね。

九州に上陸したあと本州から日本海へ
その後北海道上陸し
オホーツク海へと抜ける予想です。

⇒米軍台風情報HP 最新進路予想を見る

進む速度も気象庁とそれほど
変わりないかも。

スポンサーリンク

台風18号 最新進路情報【ヨーロッパ中期予報センター】

ヨーロッパ中期予報センターの
スーパーコンピューターで出している予想も
見てみましょう。

【9月16日(土)】

【9月17日(日)】

【9月18日(月)】

ヨーロッパ中期予報センターHPより

こちらの予想も
気象庁や米軍とほぼ同じ。

もしかするとほんの少し
ヨーロッパの予想の方が
進速度が遅いのかもしれませんが。

それにしてもすごいグルグルですね。

風が強いことが予想されます…

 

3社の予想はほぼ同じ進路。

このままでいくと
やっぱり3連休の日本は
かなりの影響が予想されますね。

さて、先ほど今回の台風18号は
「りんご台風」と進路が激似という
お話をしましたが、りんご台風って
どんな台風だったのでしょう?

そしてどれくらいの被害があったのか
見ていきたいと思います。

りんご台風とは?1991年台風19号の進路と被害は?

当時わたしはまだ大人ではなかったため
あまりよく覚えていません。

ただ、この台風で落ちたりんごが
後にジュースに加工されたことは
覚えています。

りんご台風とは?

りんご台風は、1991年の台風19号。

台風が非常に強い勢力で上陸し、
勢力をほぼ維持したまま速い速度で
北上したため、沖縄から北海道まで
全国で猛烈な風となった台風です。

この風で青森では
収穫直前のりんごが大変な被害にあい、
後にこう呼ばれるようになりました。

【動画あり】りんご台風の進路は?

9月16日にマーシャル諸島の西海上で発生し
発達しながら北上。

26日に宮古島の東海上で北東に向きを変え、
27日16時過ぎ非常に強い勢力で
長崎県佐世保市の南に上陸。

その後、加速しながら日本海を北東に進み、
強い勢力で北海道渡島半島に再上陸し、
28日千島近海で温帯低気圧に変わった。

気象庁HPより引用

今回の台風18号もマーシャル諸島の
近くで発生し、同じように北東に向きを
変えました。

そして同じように
非常に強い台風」として九州に上陸予想。

このあとりんご台風の被害についても
お伝えしますが、
18号は想像以上に大変な台風になることを
予感させられます。

りんご台風の進路をわかりやすく
動画で作ってらっしゃる方が
いましたので、ぜひ、ご覧ください。

今回の台風18号と激似の様子が
わかりますよ!

 

もう一度進路予想図を
見比べてみましょう。

りんご台風の進路図はこちら。

気象庁HPより

そして今回の台風18号の進路予想が
こちら。

気象庁 台風情報より

まだ予報円が大きくわかりにくいですが
かなり進路が似ているとわかりますよね。

りんご台風の被害は?

とにかく全国的に暴風がひどかった
りんご台風。

全国で森林の倒木被害など
農林水産業に甚大な被害があった台風。

気象庁によると、最大風速は、
那覇で29.1m/s(最大瞬間風速50.1m/s)
野母崎(長崎県野母崎町)で45m/s
長崎で25.6m/s(同54.3m/s)
広島で36.0m/s(同58.9m/s)
輪島(石川県輪島市)で31.3m/s(同57.3m/s)
青森で29.0m/s(同53.9m/s)
などを観測したそう。

まとめ

2017年の台風18号は、
今週末からの3連休
日本列島を縦断する予想。

1991年に発生したりんご台風
(平成3年台風19号)と、
発生時期や進路、勢力などが
とても良く似ています。

当時の被害を見てみると
甚大な被害を及ぼした台風だと判明。

まだ予報円は大きくどこを通るか
はっきりしていませんが
もしかすると想像以上の台風に
なる可能性も?!

いや~、こんな台風きたら
本当にヤバいんじゃない?

とにかく早めに備えをしましょう。

そして常に最新の情報をチェック!

離れていても大雨になりそうなので
お外には出ないで!

本当に心配ですね。

ではでは(^.^)/~~~






今日の人気記事

1

2017年の台風22号が発生する模様です。 各地に被害をもたらした台風21号が通過したばかりだというのに、米軍やヨーロッパの予想では、台風22号も日本へ接近してくる予想になっています(~_~;) しか ...

2

各地で大きな被害の出た2017年の台風21号と同じような進路でやってくるとみられるのが、台風22号。 日本への最接近は、10月最後の週末! なんと。 秋の一大イベント「ハロウィン」の催しが各地で開かれ ...

3

台風22号の発生が予想される中、早くも台風23号たまご(2017年)の発生がヨーロッパ中期予報センターから予想されています。 先日の台風21号の上陸もかなり驚きましたが、続いて22号の発生もびっくり! ...

4

台風が接近してくると気になるのが『台風の現在地』。 今どこにある? あと何時間くらいで接近? 上陸寸前になればNHKなどで台風情報が中継されますが、それまでは通常の天気予報からの情報だけ。 意外と情報 ...

5

地震予知で知られるミシェルさんが自身のブログで、 2017年7月後半以降の地震予言を報告しました。 日時や発生場所や震度など気になりますが、どのような予言内容だったのか見ていきましょう。   ...

6

スポンサードリンク   震災の夢を見るスズさん。 久しぶりに見た震災の夢は、   「2年以内(つまり2019年までに)九州、大分県でM9の大地震が発生する」   という、 ...

-【最新】台風情報, 台風情報2017
-, ,

Copyright© レイラの地震・台風・水不足?!最新情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.