地震予知情報

【地震保険】2016年に加入すると損する人!得する人!

更新日:

2017年1月、地震保険料の改定が行われます。

なんと36都県で「値上げ」されるんです!

逆に「値下げ」されることに決まったところも。

保険を見直すなら今年がおすすめ!

どこに住む人がどれくらいの料金改定となるのか。

それでは詳しく見てみましょう。

スポンサードリンク

おうち

【地震保険を知ろう!】

①そもそも、『地震保険』ってな~に?

「地震・噴火・津波を原因とする火災、損壊、埋没、流失による損害を補償する保険」

なんだかむずかしくてわかりにくいですね。

では、サクッと簡単に特徴をお伝えします。

地震や噴火、津波による建物や家財の損害を補償してくれます

 ●「地震保険」のみでは加入できず、必ず*「火災保険」とセットで契約します

*火災保険の保険期間の途中からでも契約できます

 ●契約できる保険金額は、火災保険の30~50%でしか設定できないところがほとんど。

   建物5千万円、家財1千万円の上限があります

●政府と損保各社が共同で運営する公共性の高い保険です

 ●地震発生の度合いや建物の構造などを踏まえ、都道府県により保険料が異なります

 

②保障の内容は?

●居住用建物が5千万円までと生活用動産(家財)が1千万円以下

*工場や事務所専用の建物など住居として使用されていない建物は対象外です

30万円を超える貴金属、骨董品などの贅沢品の被害も補償されません

保険の性質として、地震で建物被害を受けたから保険金で建て直すというのはほぼ不可能です。

「当面の生活資金を確保する保険」と考えたほうがいいでしょう。

 

③こんな人は地震保険に入っておくといい!

●住宅ローンの残債が多い人

 ●預貯金などの資産が少ない人

 ●被災した場合に収入が途絶える可能性が高い人

この3つのうちのどれかひとつでも当てはまるようであれば、地震保険加入をおすすめします。

地震で住宅が全壊しても住宅ローンは免除されませんが、

地震保険をローン返済に充てることができます。

また、自営業で自宅兼店舗の場合など、

被災すると職場も失う可能性が高い人も検討する価値があると思います。

スポンサードリンク

【2017年1月、値上げされるところ、値下げされるところ】

地震保険の保険料が、2017年1月から上がります。

来年の値上げは、全国平均で5.1%。

さらに2019年、2021年と3回値上げされ、最終的には19%の値上げとなる予定だそうです。

ただ、2017年の改定では、11の道府県は値下げになりますよ。

2014年に全国平均15.5%引き上げられたばかりですので、

地域によっては割高感を感じる方もいるかもしれないですね。

これから加入したいという人は、まず、自分のいる地域が値上がりするかどうかを調べ、

値上がりする地域なら今年中に加入すると良いでしょう。

また、5年分を一括支払いすると、11%OFFだそうです。

 

①現行の保険料(保険金額1千万円、保険期間1年間の場合)

■コンクリート製の建物6,500円、木造の建築物10,600円のところ

岩手、秋田、山形、栃木、群馬、長野、富山、石川、福井、滋賀、

岡山、広島、鳥取、島根、山口、福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島

■コンクリート製の建物6,500円、木造の建築物13,000円のところ

福島

■コンクリート製の建物8,400円、木造の建築物16,500円のところ

北海道、青森、宮城、新潟、山梨、義父、京都、兵庫、奈良、香川、

大分、宮崎、沖縄

■コンクリート製の建物11,800円、木造の建築物24,400円のところ

茨城、愛媛

■コンクリート製の建物13,600円、木造の建築物24,400円のところ

埼玉、大阪

■コンクリート製の建物11,800円、木造の建築物27,900円のところ

徳島、高知

■コンクリート製の建物20,200円、木造の建築物32,600円のところ

千葉、東京、神奈川、静岡、愛知、三重、和歌山

 

②2017年1月からの保険料改定率

地震保険

来年値下げされるところは北海道、青森、新潟、岐阜、愛知、三重、京都、大阪、

兵庫、奈良、和歌山です。

これから地震保険加入を検討しているのなら、来年になってからの方が

お財布にはやさしいです。

他のところでは、現在よりも4~50%値上げとなります。

特に、50%も値上げになる埼玉、徳島、高知県の方は、要注意ですね。

値上げされる地域の方は、加入するなら今年中がベストでしょう。

 

 

大切なあなたのおうち、地震保険の準備はできていますか? ↓↓ 火災保険の比較はこちらから ↓↓



 

 

【まとめ】

  • 地震保険の保険料が、36都県で2017年1月から値上げ
  • 埼玉、徳島、高知では50%UPになる
  • 北海道、新潟、関西では逆に値下げ
  • これから加入する人は、自分の住む地域により今年加入が良いか、来年加入が良いかを判断した方が良い

 

地震は起きないに越したことはないですが、

おうちや家財を、「もしものために備える」っていうのも

大事な時代になってきたのかもしれませんね。

スポンサードリンク






今日の人気記事

1

2017年の台風22号が発生する模様です。 各地に被害をもたらした台風21号が通過したばかりだというのに、米軍やヨーロッパの予想では、台風22号も日本へ接近してくる予想になっています(~_~;) しか ...

2

各地で大きな被害の出た2017年の台風21号と同じような進路でやってくるとみられるのが、台風22号。 日本への最接近は、10月最後の週末! なんと。 秋の一大イベント「ハロウィン」の催しが各地で開かれ ...

3

台風22号の発生が予想される中、早くも台風23号たまご(2017年)の発生がヨーロッパ中期予報センターから予想されています。 先日の台風21号の上陸もかなり驚きましたが、続いて22号の発生もびっくり! ...

4

台風が接近してくると気になるのが『台風の現在地』。 今どこにある? あと何時間くらいで接近? 上陸寸前になればNHKなどで台風情報が中継されますが、それまでは通常の天気予報からの情報だけ。 意外と情報 ...

5

地震予知で知られるミシェルさんが自身のブログで、 2017年7月後半以降の地震予言を報告しました。 日時や発生場所や震度など気になりますが、どのような予言内容だったのか見ていきましょう。   ...

6

スポンサードリンク   震災の夢を見るスズさん。 久しぶりに見た震災の夢は、   「2年以内(つまり2019年までに)九州、大分県でM9の大地震が発生する」   という、 ...

-地震予知情報
-

Copyright© レイラの地震・台風・水不足?!最新情報 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.